渾金璞玉【こんきんはくぎょく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】
渾金璞玉

【読み方】
こんきんはくぎょく

【意味】
人の素質がすぐれていて飾りけのないたとえ。

【語源・由来】
まだ精錬されていない鉱石とまだ磨かれていない玉の意味で、天然の美質をいう。

【典拠・出典】
世説新語』「賞誉」

【類義語】
璞玉渾金(はくぎょくこんきん)


渾金璞玉(こんきんはくぎょく)の使い方

ともこ
アイドルになるにはどうしたらいいかしら?
健太
オーディションに応募するとか、あと、あそこの通りに立っていると、渾金璞玉なアイドルの卵を探しているスカウトマンに声をかけられることがあるらしいよ。
ともこ
なるほどね。毎日立ってみるわ。
健太
がんばってね。

渾金璞玉(こんきんはくぎょく)の例文

  1. 失敗ばかりの新入社員の健太くんは、渾金璞玉、これから大きく成長すると思うよ。
  2. 彼女は今は地味だけど、渾金璞玉というように、大人になったらきれいになると思うんだ。
  3. 健太くんは、今はタイムが伸びないけれども、渾金璞玉というように、練習を積めばすごい選手になるよ。
  4. 健太くんは渾金璞玉、ダイヤの原石だよ。
  5. 渾金璞玉というように、彼女には持って生まれた才能があるから我々がその才能を伸ばすだけだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索