博学広才【はくがくこうさい】の意味と使い方の例文(類義語・対義語)

【四字熟語】
博学広才

【読み方】
はくがくこうさい

「はくがくこうざい」とも読む。

【意味】
広く学問や知識に通じていて、才知のすぐれていること。

「博学」は、広く学問に通じていて、多くのことを知っていること。「広才」は、大きく優れた才知。

【類義語】
・該博深遠(がいはくしんえん)
・才学博通(さいがくはくつう)
・博学偉才(はくがくいさい)
・博学才穎(はくがくさいえい)
・博学卓識(はくがくたくしき)
・博学多才(はくがくたさい)
・博学多識(はくがくたしき)
・博識多才(はくしきたさい)
・博聞強記(はくぶんきょうき)
・博覧強記(はくらんきょうき)
・博覧多識(はくらんたしき)
・博学能文(はくがくのうぶん)

【対義語】
・浅学菲才(せんがくひさい)


博学広才(はくがくこうさい)の使い方

健太
ともこちゃんの論文が世に出てから、博学広才だと知られるようになったね。
ともこ
町を歩いていると、天才少女って声をかけられて恥ずかしいの。
健太
有名税ってやつだね。
ともこ
論文を出しただけで、利益を出していないのに有名税を取られたくないわ。

博学広才(はくがくこうさい)の例文

  1. ともこちゃんは、博学広才なので、どんな質問でも答えてくれる。
  2. 健太くんのお兄さんは、世界レベルで有名な博学広才な青年です。
  3. 博学広才である健太くんは、クイズ選手権に出場することを勧められました。
  4. ともこちゃんは本が大好きな博学広才で、図書館の本はほとんど目を通したようです。
  5. 健太くんは、博学広才なともこちゃんを尊敬しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事