白眉最良【はくびさいりょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
白眉最良

【読み方】
はくびさいりょう

「白眉最も良し」とも読む。
日本漢字能力検定
準1級

【意味】
多くの中で一番すぐれているもののこと。

【語源・由来】
『三国志』「蜀志・馬良伝」より。「白眉」は白い眉のこと。
中国三国時代、蜀の馬氏の五人兄弟は皆優秀な人物であったが、なかでも馬良はひときわすぐれていた。その馬良の眉に幼い時から白い毛が生えていたので、人々から「馬氏五常、白眉最良」といわれたという故事から。

【類義語】
・馬氏五常(ばしごじょう)
・馬良白眉(ばりょうはくび)


白眉最良(はくびさいりょう)の使い方

ともこ
健太くんのグループは足の速い子が多かったけれども、健太くんは白眉最良、安定の一位だったわね。
健太
スタートした時点では出遅れたんだけどね。
ともこ
そんな風には見えなかったわ。
健太
あきらめないでゴールを目指して一位をとることができてよかったよ。

白眉最良(はくびさいりょう)の例文

  1. 今回の書初めコンクールはレベルが高かったけれども、ともこちゃんの作品が白眉最良でした。
  2. みんなかわいいんだけど、ともこちゃんが白眉最良、ミスコングランプリだね。
  3. 甲乙つけがたかったけど、健太くんの作品だけ群を抜いていて白眉最良だったな。
  4. 優秀な子が集まったクラスでしたが、ともこちゃんは白眉最良、一際優秀でした。
  5. このあたりのケーキ屋はどこにいっても失敗がないんだけど、ともこちゃんの店は白眉最良、秀逸なんだよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事