八元八凱【はちげんはちがい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】
八元八凱

【読み方】
はちげんはちがい

【意味】
心が清く正しくて、徳の高い人のこと。

【語源・由来】
「元」はよいという意味。「凱」は徳が大きいこと。「八元」は中国古代伝説時代の高辛氏のときの八人の徳のある人、「八凱」は同じく高陽氏のときの八人の善人のこと。

【典拠・出典】
史記』「五帝紀」


八元八凱(はちげんはちがい)の使い方

健太
明日は新しいクラスの発表だね。どんなクラスなんだろう。ドキドキするな。
ともこ
楽しみよね。
健太
ともこちゃんは八元八凱だから、誰とでもうまくやっていけるだろうし、心配はまったくないだろうね。
ともこ
そうね。どんなクラスでも構わない、うまくやっていけると思っているわ。

八元八凱(はちげんはちがい)の例文

  1. 健太くんは八元八凱、素晴らしい人格者なんです。
  2. 八元八凱なともこちゃんは、間違いなく学校で一番後輩に慕われている先輩です。
  3. 健太くんが人気者なのは八元八凱だからなんです。
  4. 八元八凱な健太くんになら清き一票を投じてもいいなと思います。
  5. おばあちゃんは八元八凱だから、孫の私はもちろんのことみんなに愛されています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索