不倶戴天【ふぐたいてん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
不倶戴天

【読み方】
ふぐたいてん

【意味】
同じ世界で一緒に生きていくことができないほどに深い恨みや憎しみのこと。「不倶」は共存することができないこと。「戴天」は同じ世界にいること。

【語源・由来】
「礼記」曲礼・上より。「倶に天を戴かず」とも読み、もとは父親の仇敵を言う言葉で、同じ世界に生かしてはおかないという意味。

【スポンサーリンク】

不倶戴天(ふぐたいてん)の使い方

健太
消費税がまた上がるんだね。
ともこ
そうなのよ。政治家は庶民の不倶戴天の敵よ。
健太
カップラーメンの値段を400円と答えたり、毎月1500万円のおこづかいをもらったりしている人たちにとっては消費税なんて20%になっても大したことはないんだろうね。
ともこ
難しい勉強ばかりじゃなくて、庶民感覚を学んでほしいわよね。

不倶戴天(ふぐたいてん)の例文

  1. 不倶戴天の仇敵の前に、膝を屈しなければならないなんて屈辱的です。
  2. 父を退職に追い込んだその会社は、娘の私にとって不倶戴天でした。
  3. 昔から仲は良くなかったけど、呉越同舟で協力することもあった、でもあの事件からは、不倶戴天の仲です。
  4. ともこちゃんを泣かした健太くんは、僕にとって不倶戴天です。
  5. 不倶戴天の敵を倒すチャンスが回ってきました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事