一言隻句【いちげんせきく】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
一言隻句

【読み方】
いちげんせきく

【意味】
ほんの短い、ちょっとした言葉のこと。

「隻句」は、わずかな言葉の意。

【類義語】
・一言一句(いちごんいっく)
・一言半句(いちごんはんく)


一言隻句(いちげんせきく)の使い方

ともこ
健太くん。ねえ、健太くんってば。
健太
うわあ。今、話しかけないで。
ともこ
何でよ!
健太
大好きなアイドルが喋っているんだよ~。一言隻句聞き逃すわけにはいかないんだよ。

一言隻句(いちげんせきく)の例文

  1. 明日アメリカに旅立つというのに、喧嘩中のともこちゃんからは、一言隻句もなかった。
  2. 健太くんは、一言隻句で説明してみせた。
  3. あのドラマは、一言隻句がウィットに富んで面白い。
  4. ともこちゃんの言葉は、まさに鶴の一声、一言隻句の影響力が大きい。
  5. 憧れの作家先生がかけてくれた言葉は、一言隻句忘れない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事