一言一句【いちごんいっく】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
一言一句

【読み方】
いちごんいっく

【意味】
一つひとつの言葉、ちょっとした言葉。

【類義語】
・一言片句(いちげんへんく)
・一言半句(いちごんはんく)
・片言隻句(へんげんせきく)
・片言隻語(へんげんせきご)
・片言隻辞(へんげんせきじ)


一言一句(いちごんいっく)の使い方

健太
帰りの会で、先生は、明日何を持ってくるように言っていたっけ?絶対わすれるなよって言ったのは覚えているんだけど。
ともこ
先生が話をしているときは、先生の方を向いて、一言一句、真剣に聞かないと駄目じゃないの。
健太
だってさあ。ちょうど、隣の席の子が話しかけてきたんだよ。
ともこ
他人のせいにしては駄目よ!

一言一句(いちごんいっく)の例文

  1. 一言一句聞き漏らすことが無いよう耳を傾けました。
  2. みんな、ともこちゃんが発する一言一句を、ありがたいお経のように聞いたのでした。
  3. 校長先生が発する一言一句は、無駄がなく重みがあると思います。
  4. 僕の役は、長いセリフが多かったのですが、一言一句間違えることはありませんでした。
  5. ともこちゃんが書いた手紙は、一言一句が僕の胸に沁みました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事