敢為邁往【かんいまいおう】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
敢為邁往

【読み方】
かんいまいおう

【意味】
目的に向けて困難をものともせず、自ら決心して、まっしぐらに進んでいくこと。

【語源・由来】
「敢為」は人がやらないことを積極的にやること。
「邁往」はひたすらに進むこと。

【類義語】
・直往邁進(ちょくおうまいしん)
・勇往邁進(ゆうおうまいしん)

【対義語】

【英語訳】
Overcome the difficulties and go straight towards their goal.

【スポンサーリンク】

敢為邁往(かんいまいおう)の使い方

ともこ
健太君は将来、どんな職業につきたい?
健太
僕はね、医者を目指したいんだ。たくさん勉強して、病気を完全に治したい。苦しんでいる人を、助けたいんだ。
ともこ
だから、あんなに勉強しているのね。私も目標を持たなくちゃ!
健太
絶対に達成できると信じて、敢為邁往するんだ。

敢為邁往(かんいまいおう)の例文

  1. 気持ちが落ち込んだ時は「敢為邁往」を自分に言い聞かせている。
  2. 今までの記録を抜くために、前向きに、ひたすら努力して、どんな困難にもくじけず敢為邁往しよう!
  3. 営業部の今年の指針は敢為邁往だ! 営業目標の達成ではなく、目標に向けてどう動くかが大事なのだ。目標を高いレベルで設定したのもそのためだ。
  4. 家族や友人に何と言われようと、自分の決めた道を敢為邁往していこうと思っている。
  5. どうしようもない不満があるのなら、行動にあらわすことだ。例え、無視されたり嘲笑されても自分の考えは発信できる。敢為邁往することによって、誰かの心に響くこともある。ただ思っているだけよりずっと良い。
  6. 敢為邁往、自分で決めた事だから、どんなに辛いトレーニングでも辛抱できる。
  7. 目標に向けて日々忙しく敢為邁往しているので、落ち込む暇などない。
  8. 銭形警部はルパン逮捕に向けて敢為邁往の精神で挑み続けている。【ルパン三世】より

まとめ

目標に向かって邁進する! 強い決意と実行力をあらわした四字熟語が敢為邁往だ。
まだ形になっていないものを追うという事には不安もつきものだ。
しかしながら、不安に精神を閉じ込めていては目標をつかむことはできない。
自分を信じて、前向きな気持ちで、ひたすら行動あるのみだ。
そうしているうち、いつの間にか目標に到達していることだろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事