韓信匍匐【かんしんほふく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【四字熟語】
韓信匍匐

【読み方】
かんしんほふく

日本漢字能力検定
1級

【意味】
大望ある者は目前の恥を耐え忍ぶということ。
将来の大きな目的のために、一時の屈辱にも恥を忍び、一時の苦労にも耐え忍ぶことのたとえ。
「韓信」は前漢、高祖劉邦(りゅうほう)の名将。
「匍匐」は腹ばいになってはうこと。

「匍匐」は「蒲伏」とも書く。

【語源・由来】
「韓信の股くぐり」という故事から。

韓信がまだ若く貧乏なころ、江蘇省淮陰(わいいん)の若者で韓信をばかにするものがあり「お前は図体も大きく好んで長剣をさげているが、内心はびくびくしているのさ。
やれるものなら、その剣で一突きしてみな。できないなら俺の股の下をくぐれ」と言われた。
将来、大いに出世したいという野望を持っていた韓信は、じっと相手を見つめ、腹ばいになって股下をくぐり、大勢の前で恥をかかされた。
後、漢の劉邦に仕え、名将として漢王朝の建国に大きな功績をあげ、張良(ちょうりょう)・蕭何(しょうか)とともに三傑と併称されるまでになった。
出典:『史記(しき) 淮陰侯伝(わいいんこうでん)』

【類義語】
・韓信之股(かんしんのまた)
・韓信袴下より出つ。

【英語訳】
・Endure a temporary humiliation and a temporary hardship for a big purpose from this.
・A person with a future dream can put up with a shame in the near term.


韓信匍匐(かんしんほふく)の使い方

ともこ
健太君! 時間あるなら教室の水槽の掃除してよ!
健太
はいはいっ!
ともこ
返事は一回でいいの!
健太
はい! えっ? 女子の言いなりになって、悔しくないのかって? 僕には、将来ともこちゃんをお嫁に迎えたいという大望があるんだ。だから、韓信匍匐の気持ちってわけさ。

韓信匍匐(かんしんほふく)の例文

  1. 貧乏だからと侮られ、不満もあるだろうが、自暴自棄になってはだめだ。
    韓信匍匐の態度を貫いて将来必ず成功するのだ。
  2. クレーム対応は韓信匍匐の気持ちで謝り続けることが大事だ。
  3. 挑発にのっては相手の思うツボだ。ここはぐっとこらえて、韓信匍匐を貫こう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事