戮力同心【りくりょくどうしん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】
戮力同心

「心を同じくして力を戮す」とも読む。

【読み方】
りくりょくどうしん

【意味】
心を一つにして力を合わせ一致協力すること。

【語源・由来】
「同心」は心を合わせること。「戮力」は力を合わせること、努力すること。

【典拠・出典】
春秋左氏伝』「成公一三年」

【類義語】
協心戮力(きょうしんりくりょく)
一致団結(いっちだんけつ)
上下一心(しょうかいっしん)
同心戮力(どうしんりくりょく)
戮力協心(りくりょくきょうしん)


戮力同心(りくりょくどうしん)の使い方

健太
与党一強だと、この国を好き勝手変えられそうで怖いよね。
ともこ
そうね。野党が戮力同心して与党に対抗できるようにしてほしいわよね。
健太
でも、今の野党をまとめることができる人がいないんだよね。
ともこ
もう、私が出るしかないわね!参政権がまだないんだけどね。

戮力同心(りくりょくどうしん)の例文

  1. 苦難に立ち向かうために戮力同心して事に当たりました。
  2. 敵味方なく戮力同心して、ここから脱出するすべを探しましょう。
  3. 戮力同心して、この企画を成功させましょう。
  4. ともこちゃんと健太くんが戮力同心すれば、無敵のチームになると思います。
  5. アシスタントさんが総動員して戮力同心したおかげで、締め切りに間に合いました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索