肝胆相照【かんたんそうしょう/かんたんあいてらす】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】
肝胆相照

【読み方】
かんたんそうしょう

肝胆相照らす(かんたんあいてらす)とも読む。
日本漢字能力検定
3級

【意味】
お互いに心の奥底までわかり合って、心から親しくつき合うこと。心の底まで打ち明け深く理解し合っていること。「肝胆」は肝臓と胆嚢。転じて、心の底、まごころ。また、肝臓と胆嚢が近くにあることから密接な関係のたとえ。一般に「肝胆相照らす」と訓読を用いる。

【類義語】
・輸写心腹(ゆしゃしんぷく)
・管鮑之交(かんぽうのまじわり)
・刎頚之交(ふんけいのまじわり)
・意気投合(いきとうごう)


肝胆相照(かんたんそうしょう/かんたんあいてらす)の使い方

ともこ
健太君は親友っている?
健太
いるよ。たった一人ね。
ともこ
うらやましいな。私にはまだ親友と呼べる友人はいないの。どんなお友達なの?
健太
彼とは家が近所の幼なじみで家族ぐるみで仲がいいんだ。どんなことでも言い合える肝胆相照らす間柄さ。

肝胆相照(かんたんそうしょう/かんたんあいてらす)の例文

  1. 僕と教授は発掘調査に同行しているうちに、師弟関係を超えて、肝胆相照らす仲となった。
  2. ルームメイトの彼女には謎の行動が多く、肝胆相照らす関係には到底なれそうにない。
  3. まもなくサバンナを威厳に満ちた態度で歩くメスライオンと私は肝胆相照らすようになったのです。
  4. 尊敬できて、頼りがいがある肝胆相照らした友人が君だ。

まとめ

腹を割って話すという言葉がある。
自分の真実や心の中を見せるのは腹を割るくらい勇気のいることだ。
それらを話せる、また考えを分かってもらえる友人とめぐりあえる人はとても幸運である。
肝胆相照らす友は一生の宝、大事にしたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事