天変地異【てんぺんちい】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
天変地異

【読み方】
てんぺんちい

【意味】
自然界に起こる異変、台風・地震・洪水など。変わった出来事のこと。

【由来】
「天変」は天空に起こる変動のこと。 異常気象や災害で日食・隕石・彗星・暴風・大雨などをいう。「地異」は、地震・津波・火山の噴火など地上で発生する異変のこと。

【類義語】
天災地変(てんさいちへん)
天変地変(てんぺいちへん)

【対義語】

【英語訳】
a natural disaster
extraordinary natural occurrence
a convulsion of nature
an extraordinary natural phenomenon
a cataclysm

例文 また、時を同じくして天変地異なども起こると神示には書記されている。
Also it is written in the Revelation that natural disasters will occur simultaneously.
【スポンサーリンク】

天変地異(てんぺんちい)の使い方

ともこ
ノストラダムズの大予言って知ってる?
健太
知ってる!
1999年に人類が滅亡するって予言した人だよね!
でも結局何も起らなかったよね?
ともこ
でも色々な解釈があって、これから天変地異が次々と起こるっていう人もいるみたいよ!
健太
こわいね~!
でも、1999年で当たらなかったから、これからも当たらないかもね!

天変地異(てんぺんちい)の例文

  1. 昼間だというのに、急に空が暗くなってきた。からすも、いっせいに鳴きだした。天変地異の前ぶれかもしれない。
  2. 地震や台風、土砂災害などの天変地異が発生した際は、まずは身の安全を最優先してください。
  3. この周辺の地形は昔に比べて大きく変化してきたけど、多くの天変地異が繰り返されてきたからのようだ。
  4. いつもテストでは落第点しかとらなかったあの人が100点をとったの?天変地異の前ぶれかな。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事