犬馬之養【けんばのよう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
犬馬之養

【読み方】
けんばのよう

「けんばのやしない」とも読む。

【意味】
両親への孝行をするときに、食事を出すだけで気持ちがないこと。

【語源・由来】
「論語」為政より。犬や馬などの動物を飼うように、衣食住を与えるだけという意味から。


犬馬之養(けんばのよう)の使い方

健太
おじいちゃんが、父さんに、犬馬之養だって怒っていたよ。
ともこ
どうして?
健太
自分の食べたいものばかりを夕食に出すから、分厚いステーキばかりなんだよね。
ともこ
それは、歯が弱っているおじいちゃんに対して思いやりがないわよね。

犬馬之養(けんばのよう)の例文

  1. 嫁姑の中が悪いおばあちゃんは、 犬馬之養だと愚痴を言うけれども、母さんはがんばっていると思う。
  2. 犬馬之養には耐えられぬと言って、おじいちゃんは二世帯住居から出て、自分で老人ホームに入りました。
  3. 一生懸命育てた息子の私への態度が、犬馬之養で寂しい。
  4. 生活費だけを送ってきて、様子を見に来ない息子の態度は犬馬之養でけしからん。
  5. 息子を私の敷いたレールの通りに歩ませようとしたんだから、今、私に対して犬馬之養でもしょうがないんです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事