賢君忠臣【けんくんちゅうしん】の意味と使い方の例文(類義語・対義語)

【四字熟語】
賢君忠臣

【読み方】
けんくんちゅうしん

【意味】
賢く英明な君主や、忠義の心を持った家臣。

「賢君」は、賢い君主。「忠臣」は、忠義にあふれた家臣。

【類義語】
・賢良方正(けんりょうほうせい)
・明君賢相(めいくんけんしょう)

【対義語】
・貪官汚吏(たんかんおり)
・暴君暴吏(ぼうくんぼうり)


賢君忠臣(けんくんちゅうしん)の使い方

健太
賢君忠臣がいる国は、きっと平和な国なんだろうね。
ともこ
そうね。
健太
ってことは、犯罪件数が増え、格差社会となり、国民の不満が高まっているこの国は、賢君忠臣がいないってことだね。
ともこ
失言が得意な政治家しかいないんでしょうね。

賢君忠臣(けんくんちゅうしん)の例文

  1. 優秀な生徒会長だったともこちゃんと、それをサポートしていた健太くんは、賢君忠臣といえる。
  2. 賢君忠臣というが、有能な君主には有能で忠実な部下が集まるものです。
  3. 健太くんは賢君忠臣、誠実で賢い空手部の部長であり、顧問の先生に忠実でもあった。
  4. 中間管理職のともこちゃんは、賢君忠臣が欲しいと思っている。
  5. 健太くんには、賢君忠臣といえる、賢いお父さんと忠犬がいるんです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事