虎尾春氷【こびしゅんぴょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
虎尾春氷

「虎尾春冰」とも書く。

【読み方】
こびしゅんぴょう

【意味】
極めて危険なことのたとえ。または、危険なことをすることのたとえ。

【語源・由来】
「書経」君牙より。虎の尾を踏んで、春の厚みの無い氷の上を歩くという意味から。

【スポンサーリンク】

虎尾春氷(こびしゅんぴょう)の使い方

健太
大事な空手の試合があるから、テスト勉強をする暇がないよ。前日に徹夜で頭に詰め込めばいいか。
ともこ
それは、虎尾春氷よ。今回は、テスト範囲が広いから、一夜漬けの勉強では危険よ。
健太
うーん。まあ、最悪0点でもしょうがないよ。
ともこ
今回のテストで0点をとったら、その大事な空手の試合に出ることが出来ないのよ。危険でしょう?

虎尾春氷(こびしゅんぴょう)の例文

  1. 携帯電話を操作しながら自転車に乗ることは、虎尾春氷、死亡事故につながることもあります。
  2. たこ足配線を使うと便利ですが、虎尾春氷、火事につながる恐れがあります。
  3. 歯磨きをしないで眠ると、虎尾春氷、最悪の場合歯を失います。
  4. 雷が鳴っているときに屋外で部活を続けると、虎尾春氷、落雷に巻き込まれることもあるので中止してください。
  5. てんぷらを揚げているときに、火元から目を離すことは、虎尾春氷です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事