屋下架屋【おくかかおく】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
屋下架屋

注意 「架屋」を「家屋」と間違えないようにしましょう。

【読み方】
おくかかおく

【意味】
無駄なことを繰り返すことのたとえ、重複して無駄なことのたとえ。
真似など二番煎じの独創性に乏しいものたとえ。

【由来】
「屋下」は屋根の下の意味で、「架屋」は屋根を架けることの意味です。
屋根の下にさらにもう一つ屋根を架けるような、無用なことをするという意味です。
屋下に屋を架す(おくかにおくをかす)と訓読みします。
本来「屋下に屋を架す」が正式ですが、現在では「屋上屋を架す」(おくじょうおくをかす)が一般的に使われます。
同じ意味で「屋根屋を重ねる」(おくじょうおくをかさねる)もよく使われます。

【類義語】
屋上架屋(おくじょうかおく)
畳牀架屋(じょうしょうかおく)
牀上施牀(しょうじょうししょう)
頭上安頭(とうじょうあんとう)

【対義語】

【英語訳】
a bystander’s vantage
bystander’s vantage point
gilding the lily
adding redundant things

【スポンサーリンク】

屋下架屋(おくかかおく)の使い方

ともこ
昨日放課後みんなで教室を掃除したのに、なんで今日の朝また掃除しないといけないの?
健太
しょうがないよ、決まりだもの。
ともこ
まだ十分綺麗じゃない、まさに屋下架屋だよね。
健太
僕もそう思うけど、従うしかないよね。

屋下架屋(おくかかおく)の例文

  1. 経費削減のためには、各部門ごとで重複した業務がないか、つまり屋下架屋になっているかを洗い出す必要があります。
  2. 前任者のやり方を踏襲しても新しい価値は生み出さない。屋下架屋となるばかりでしょう。
  3. 念には念を入れてしているのかもしれないが、二人同じような仕事をしているようであれば、それは屋下架屋というものだ。
  4. まるで同じようなことで、屋下架屋だ。
  5. 屋下架屋となる二度手間は厳禁だ。

まとめ

屋下架屋(おくかかおく)の意味は「無駄なことを繰り返すことのたとえ、重複して無駄なことのたとえ、または真似など二番煎じの独創性に乏しいものたとえ」です。
屋下に屋を架す(おくかにおくをかす)と訓読みします。
本来「屋下に屋を架す」が正式ですが、現在では「屋上屋を架す」(おくじょうおくをかす)が一般的に使われます。
同じ意味で「屋根屋を重ねる」(おくじょうおくをかさねる)もよく使われます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事