虚堂懸鏡【きょどうけんきょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
虚堂懸鏡

【読み方】
きょどうけんきょう

日本漢字能力検定
2級

【意味】
心を空にして、公平に物事を判断すること。「虚堂に鏡を懸く」とも読む。

【語源・由来】
「宗史」陳良翰伝より。「虚堂」は人も物も何もない、空の部屋のこと。「懸鏡」は鏡を壁にかけること。何もなく、誰もいない部屋に鏡を懸けるという意味から。

【類義語】
・虚心坦懐(きょしんたんかい)
・虚心平意(きょしんへいい)
・公平無私(こうへいむし)


虚堂懸鏡(きょどうけんきょう)の使い方

健太
ともこちゃん。僕を信じて。
ともこ
信じたいけれども、健太くんと彼のどちらが悪いのか、虚堂懸鏡の心で判断するわ。
健太
僕が来た時には、もう彼が部屋の中にいて、花瓶は割れていたんだよ。だから僕は犯人じゃないんだ!
ともこ
健太くんの言い分は、よーく分かったわ。彼の言い分も聞かないといけないから、静かに待っていてちょうだい!

虚堂懸鏡(きょどうけんきょう)の例文

  1. 大岡越前守は、虚堂懸鏡な裁定をすることで有名でした。
  2. 私心を挟まず、虚堂懸鏡のごとき心で判断しなくてはいけません。
  3. 虚堂懸鏡のような心で判断できれば、真実を見誤ることはありません。
  4. 虚堂懸鏡な判断をするために、同情は捨てなくてはいけません。
  5. ひいきすることなく、虚堂懸鏡のような心で生徒全員を見てくれるいい先生でした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事