虚心坦懐【きょしんたんかい】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
虚心坦懐

【読み方】
きょしんたんかい

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
心に何のわだかまりもなくさっぱりして穏やかな様子。
「坦」は平らか。「坦懐」は、広く平らかな心。

【類義語】
・虚心平意(きょしんへいい)
・虚心平気(きょしんへいき)
・虚静恬淡(きょせいてんたん)
・虚堂懸鏡(きょどうけんきょう)
・虚無恬淡(きょむてんたん)
・光風霽月(こうふうせいげつ)
・枯淡虚静(こたんきょせい)
・晴雲秋月(せいめいしゅうげつ)
・明鏡止水(めいきょうしすい)

【対義語】
・意馬心猿(いばしんえん)
・玩物喪志(がんぶつそうし)
・疑心暗鬼(ぎしんあんき)
・焦心苦慮(しょうしんくりょ)

【英語訳】
to be free from all bias

【スポンサーリンク】

虚心坦懐(きょしんたんかい)の使い方

健太
僕の友達が、ともこちゃんと会って話がしたいんだって。
ともこ
なんで私と話をしたいの?
健太
ともこちゃんが、何でそんなに優秀なのかを知りたいらしいんだけど、僕の口から聞くと、僕の意見や偏見が混ざるから、虚心坦懐にともこちゃんを理解するためだって。
ともこ
へえ。なんだか変わった人ねえ。健太くんと三人で会うならいいわよ。

虚心坦懐(きょしんたんかい)の例文

  1. 彼はたいそう人間ができていて、だれとでも虚心坦懐に付き合うことができる。
  2. あの時は興奮していましたが、今なら虚心坦懐にあなたの言い分を聞くことができましょう。
  3. 私は、いつも虚心坦懐に自分の知識には、限界があることを認めているつもりです。
  4. 家族の間では上下関係のけじめがはっきりしていて、父や兄から説教をされてしまうことが分かっているため、深い悩みを話すことがほとんどなく、虚心坦懐に話をすることができない。
  5. 最初私は、彼が失敗してあきらめたために笑ったのかと思ったが、それは間違いで、虚心坦懐とでもいうような何の屈託もない笑いだった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事