局外中立【きょくがいちゅうりつ】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
局外中立

【読み方】
きょくがいちゅうりつ

【意味】
国際紛争で、当事国のどちらにも味方をしないで、中立的な立場を取ること。転じて、対立関係にある者のどちらにもつかないで、公平な態度を取ること。

「局外」は、ある事柄に直接関係がないこと。また、関係がない立場。

【類義語】
・厳正中立(げんせいちゅうりつ)

【英語訳】
neutrality


局外中立(きょくがいちゅうりつ)の使い方

健太
昨日、父さんと母さんが、派手に喧嘩をしていたんだけどね、僕は、局外中立を宣言しておじいちゃんの家に避難したんだよ。
ともこ
あら、それは大変だったわね。仲裁しなくてもよかったの?ご両親は仲直りしたの?
健太
ああ、きっと、今頃仲直りして、二人でデートにでも行っているんじゃないかな?いつもそうなんだよ。
ともこ
なんだ。心配して損したわ。喧嘩するほど仲がいいっていうやつなのね。

局外中立(きょくがいちゅうりつ)の例文

  1. 徳川方にも京都政府にも荷担しないというのは、要するに局外中立の態度をとるということにほかならない。
  2. パークス襲撃事件等、外国使臣の感情を逆なでする不祥事件が相次いだあと、官軍の江戸城総攻撃があり、事件の後始末はつけたものの、いつ彼らの局外中立が崩れないとも限らないと、孝允は、しきりにそんな不安に怯えていた。
  3. イタリア王国軍は戦争初期の十ヶ月間、軍備不足という理由から局外中立を維持する道を選んだのだった。
  4. 家康は、一月の十八日前後、何の意図があってか、また、どういう連絡を取ったものか、自領岡崎まで双方から出向いて、ひそかに織田信雄と会見したが、厳に、局外中立を標榜している彼が、いったい何の魂胆があるのか。
  5. 横浜に至ったアメリカ側は、戦争の決着がつくまではストーンウォールをどちらにも売る気はないと、局外中立を宣言したのだった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事