曲折浮沈【きょくせつふちん】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
曲折浮沈

【読み方】
きょくせつふちん

日本漢字能力検定
4級

【意味】
道や川などが何度も折れ曲がっている様子。または、複雑にからみ合っていて面倒な事情や、そのような状況で解決するために非常に苦労すること。「曲折」は折れ曲がること。または、複雑な事情のこと。

【類義語】
・紆余曲折(うよきょくせつ)
・槃根錯節(ばんこんさくせつ)
・複雑多岐(ふくざつたき)


曲折浮沈(きょくせつふちん)の使い方

ともこ
健太くんの家の遺産相続問題は解決したの?
健太
みんなの思惑が複雑に絡み合い、入り組んでいて、曲折浮沈、解決しそうにないよ。
ともこ
おじいちゃんが遺書を残してくれたらよかったのにね。
健太
あの人たちのことだから、遺書を残していてももめていたと思うよ。

曲折浮沈(きょくせつふちん)の例文

  1. 曲折浮沈、いろいろな憶測記事が書かれていたが、あの女優と俳優は結婚することになったそうです。
  2. 健太くんがこの会社の経営を軌道にのせるまでに、曲折浮沈がありました。
  3. ともこちゃんは、お嬢様で恵まれているように見えるけれども、あれでも曲折浮沈があって苦労しているんだよ。
  4. バスでの道のりは、曲折浮沈で、乗り物酔いになって苦しみました。
  5. 曲折浮沈がたくさんありましたが、良い人生経験になりました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事