宮車晏駕【きゅうしゃあんが】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
宮車晏駕

【読み方】
きゅうしゃあんが

日本漢字能力検定
1級

【意味】
天子が死ぬこと。「宮車」は天子の車。「晏駕」は夜になって霊柩車が墓に向かって出発すること。

【語源・由来】
「史記」范雎伝より。天子が朝廷に来ないことを、夜になれば来るだろうと願う臣下の心情を表したという説がある。

【類義語】
・宮車晩駕(きゅうしゃばんが)


宮車晏駕(きゅうしゃあんが)の使い方

健太
ともこちゃん。僕たちは生まれた時から平成で、宮車晏駕に接したことがないね。
ともこ
そうね。今回は、宮車晏駕ではないけれども、高齢のため、公務引退することが決まっているから年号が変わるわね。
健太
どんな年号になるのかな?健太ってどうかな?
ともこ
それはないわよ。

宮車晏駕(きゅうしゃあんが)の例文

  1. 宮車晏駕の後、大喪の礼が行われ、土葬されます。
  2. 宮車晏駕し、生前の天子様の希望通り、前例が少ないながらも皇后さまと合葬されました。
  3. 宮車晏駕の際、葬儀と陵の造営でかかった費用は計100億円と言われています。
  4. 宮車晏駕の際、江戸時代までは仏式で寺院において行われていたけれども、明治時代以降は神式で行われるようになりました。
  5. 宮車晏駕が報じられ、多くの国民が涙しました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事