同心戮力【どうしんりくりょく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】
同心戮力

「戮力同心」ともいう。
「心を同じくして力を戮す」とも読む。

【読み方】
どうしんりくりょく

【意味】
心を一つにして力を合わせ一致協力すること。

【語源・由来】
「同心」は心を合わせること。「戮力」は力を合わせること。努力すること。

【典拠・出典】
春秋左氏伝』「成公一三年」

【類義語】
協心戮力(きょうしんりくりょく)
戮力同心(りくりょくどうしん)


同心戮力(どうしんりくりょく)の使い方

健太
ともこちゃんのクラスは綱引き大会で優勝していたね。
ともこ
同心戮力して戦ったのよ。
健太
確かにすごいチームワークだったよ。
ともこ
気持ちが一つになっているのがわかって、負ける気がしなかったわ。

同心戮力(どうしんりくりょく)の例文

  1. 反目しあっている場合じゃない、同心戮力しないといけない。
  2. 同心戮力するために、試合前に円陣を組み、心を一つにしました。
  3. 同心戮力して事に当たらないと、この山は乗り越えられないでしょう。
  4. 個々の力ではどうしようもできないけれども、同心戮力、一致団結すれば大きな力となります。
  5. みんなの声を一つに、同心戮力して、この動物園にパンダを呼びましょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索