前途有為【ぜんとゆうい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
前途有為

【読み方】
ぜんとゆうい

【意味】
将来、成功する可能性が大いにあること。

【語源・由来】
「前途」はこれから先の道のり、将来のこと。「有為」は、何か立派なことを行うこと。

【類義語】
・前程万里(ぜんていばんり)
・前途多望(ぜんとたぼう)
・前途有望(ぜんとゆうぼう)
・前途洋洋(ぜんとようよう)


前途有為(ぜんとゆうい)の使い方

ともこ
きゃー。健太くん。屋上から飛び降りるなんてそんなことをしてはだめよ。あなたは、前途有為の若者なんだから。
健太
えっ。飛び降りようとしていないよ。
ともこ
じゃあ、なんで手すりを乗り越えようとしているの?
健太
柵の向こうにハンカチを落としてしまったんだ。届かなくてさ。あはは。

前途有為(ぜんとゆうい)の例文

  1. 前途有為な若者たちが戦争に行くことが無いように、平和な世の中にしなくてはいけない。
  2. 前途有為の青年が、もう二度とこんな悪いことをしてはいけないよ。
  3. 僕は、前途有為な学生たちに数学を教える仕事をしています。
  4. 今回の水害では、前途有為の青年たちが亡くなり残念だ、とアナウンサーは言っていたが、前途有為じゃなくても悲しい。
  5. 健太くんは、前途有為な人材だと思います。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事