明珠暗投【めいしゅあんとう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
明珠暗投

【読み方】
めいしゅあんとう

日本漢字能力検定
2級

【意味】
どんなに貴重なものも、人に贈るときに礼儀を失すれば、かえって恨みを招くたとえ。明珠(宝の玉)を暗闇で人に投げ与える意。

【語源・由来】
『史記』「鄒陽伝」より。中国、梁の孝王鄒陽は讒言によって死刑にされようとしたとき、孝王に「どんな明珠でも、暗闇の中を行く人に投げつければ、剣に手をかけてにらみつけない者はない。それはいわれもなく目の前に飛んでくるからだ」との書状を奉り、身の潔白を述べたという故事から。


明珠暗投(めいしゅあんとう)の使い方

健太
世界一おいしいはちみつを手に入れたから、姉さんが生んだ赤ちゃんのためにプレゼントしたんだ。
ともこ
ええっ。赤ちゃんにはちみつ?
健太
・・・うん。姉さんにも赤ちゃんにはちみつはダメだって怒られたんだ。
ともこ
明珠暗投ってやつね。贈り物は自己満足じゃなく相手のことを考えないとだめよね。

明珠暗投(めいしゅあんとう)の例文

  1. 明珠暗投というように人にプレゼントするのは難しい。
  2. お中元の季節が来るたびに、明珠暗投となることを恐れてしまいます。
  3. 持って帰る人のことを考えない重いだけの引き出物は、明珠暗投ですよね。
  4. どうすればいいのかわからない木彫りの置物をもらったが、明珠暗投という言葉を知らないのだろうか。
  5. 明珠暗投とならないように、京都で何を買ってきてほしいか事前調査しました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事