内憂外患【ないゆうがいかん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
内憂外患

【読み方】
ないゆうがいかん

【意味】
国の内側にも外側にも問題や心配事がたくさんあること。転じて、内にも外にも問題が多いこと。「内憂」は内側に問題があることで国内の問題のこと。「外患」は外側に問題があることで外国から受ける災難や問題のこと。国だけではなく、組織や個人などの表現にも使われる言葉。

【語源・由来】
「春秋左氏伝」成公一六年より。

【類義語】
・内患外禍(ないかんがいか)


内憂外患(ないゆうがいかん)の使い方

健太
日本の首相は内憂外患の真っただ中にあるね。
ともこ
そうね。しかもニュースが真実ならば、奥様が家庭内野党と呼ばれているくらい、首相の足を引っ張っているようだし、内憂外患をさらに超えて、四面楚歌って感じよね。
健太
ああ、そんな感じだね。首相になるのも難しいけれども、首相で居続けることもまた難しいよね。
ともこ
そんなに心配しなくても、健太くんが首相になる日は来ないわよ。

内憂外患(ないゆうがいかん)の例文

  1. 日本は常に内憂外患に悩まされている気がします。
  2. 内憂外患の内憂が高まると国民の不満を逸らすために外に敵を作るのが、これまでの世界の歴史。
  3. 株価が大幅に下落するのと同時期に内閣支持率が低下し、内憂外患が際立ちました。
  4. 江戸幕府は、黒船来航や百姓一揆など内憂外患から、支配体制が揺らぎました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事