未開野蛮【みかいやばん】の意味と使い方の例文(類義語・対義語)

【四字熟語】
未開野蛮

【読み方】
みかいやばん

【意味】
文明が開けず、文化の発展が遅れていること。

「未開」は、まだ人間の知識が進まず、土地が開けていないこと。「野蛮」は、人知が開けず、文化・文明が遅れていること。

【類義語】
・被髪左衽(ひはつさじん)
・野蛮草昧(やばんそうまい)

【対義語】
・文明開化(ぶんめいかいか)


未開野蛮(みかいやばん)の使い方

健太
日本は、女性の地位が低く、他の先進国から未開野蛮だっていわれているんだって。
ともこ
社会人になったら不安だわ。
健太
ともこちゃんは、会社員じゃなくて政治家になって女性の地位向上を目指してよ。
ともこ
それもありね。

未開野蛮(みかいやばん)の例文

  1. アジアは未開野蛮な国とされ、海外に行くと差別を受けることがある。
  2. クジラを食べるなんて未開野蛮な国民だと非難された。
  3. 未開野蛮な国は好戦的で困る。
  4. 隣国は未開野蛮な国で、人食い人種が住むという。
  5. 未開野蛮な地に転勤が決まり不安です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事