轍鮒之急【てっぷのきゅう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
轍鮒之急

【読み方】
てっぷのきゅう

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
危険や災難がさしせまっていることのたとえ。

【語源・由来】
『荘子』「外物」より。「轍」は道に残った車輪の跡、わだちのこと。わだちの水たまりであえぐ鮒のように危険な状況。

【類義語】
・涸轍鮒魚(こてつのふぎょ)
・釜底游魚(ふていゆうぎょ)
・風前之灯(ふうぜんのともしび)
・小水之魚(しょうすいのうお)


轍鮒之急(てっぷのきゅう)の使い方

健太
ともこちゃん。さっきより潮が引いているよね。
ともこ
そうね。これは轍鮒之急よね。
健太
津波が来るかもしれないってみんなに告げたほうがいいよね。
ともこ
そうね。迷っている暇はないわ。大至急行動に移しましょう。

轍鮒之急(てっぷのきゅう)の例文

  1. 健太くんは、轍鮒之急を救ってくれたともこちゃんに頭が上がりません。
  2. 轍鮒之急を経験してから、命の大切さを深く感じるようになりました。
  3. 健太くんは溺れている少年を見つけ、轍鮒之急を救おうと川に飛び込みました。
  4. ともこちゃんの轍鮒之急を知った健太くんは、自分の命を顧みず助けに駆けつけました。
  5. 轍鮒之急を救うために消防隊員の制止を振り切り、火の中に向かっていきました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事