方枘円鑿【ほうぜいえんさく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
方枘円鑿

「円鑿方枘」ともいう。

【読み方】
ほうぜいえんさく

日本漢字能力検定
1級

【意味】
物事がうまくかみ合わないことのたとえ。丸い穴に四角いほぞを入れること。

【語源・由来】
『史記』「孟軻伝」より。「円」は丸いこと。「鑿」は穴。「方」は四角いこと。「枘」はほぞ(木材と木材をつなぐのに一方に穴をあけ一方に突起を作るが、その突起部分)のこと。

【類義語】
・円孔方木(えんこうほうぼく)


方枘円鑿(ほうぜいえんさく)の使い方

健太
兄さんたち夫婦が離婚することになったんだ。
ともこ
何か明確な理由はあるの?
健太
考え方が方枘円鑿となったんだって。
ともこ
生まれも育ちも違うんだからそうなるわよね。結婚は一に我慢、二に我慢よね。

方枘円鑿(ほうぜいえんさく)の例文

  1. 健太くんとは会話をしていると、なぜか方枘円鑿となります。
  2. 目玉焼きにかけるのはソースかしょうゆかでもめる僕たちは、いろんなことで方枘円鑿です。
  3. 方枘円鑿な彼らが金婚式を迎えるなんて驚きだね。
  4. やけに方枘円鑿だと思ったら、違う資料を見ながら話をしていました。
  5. 方枘円鑿なともこちゃんたちを二人三脚でペアにしたら、わがクラスはびりになってしまうじゃないか。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事