天空海闊【てんくうかいかつ】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】
天空海闊

【読み方】
てんくうかいかつ

【意味】
心が広々としていて度量が大きく、なんのわだかまりもないこと。
また、言葉や発想などが限りなく広がることのたとえ。

【語源・由来】
海や空がきわまりなく広がっていることから。
「天空(てんくう)」とは、空がからりと晴れていて、どこまでも広いこと。
「海闊(かいかつ)」とは、大海が広々としていること。

【類義語】
・海闊天空(かいかつてんくう)
・豪放磊落(ごうほうらいらく)
・自由闊達(じゆうかったつ)
・海闊天高(かいかつてんこう)

【英語訳】
the open sky and the sesene sea.
as open as the sky and serene as the sea;magnanimous.

【スポンサーリンク】

天空海闊(てんくうかいかつ)の使い方

ともこ
健太くんの良いところは、小さなことは気にしない心の広いところだと思うわ。
健太
細かいところに目を向けるなら、相手のいいところを探した方がいいと思うんだ。
ともこ
天空海闊というところが素敵ね。
健太
どうもありがとう。

天空海闊(てんくうかいかつ)の例文

  1. 彼の魅力のひとつに、天空海闊ということが挙げられると思う。
  2. 先生は天空海闊な人で、どんな問題が起こったとしても笑い飛ばしてしまう強さを持っていました。
  3. 私は父のように、天空海闊という人になりたいと思っています。
  4. 君と二人で話していると、新しいアイディアが次々に浮かんでくるよ。まさに天空海闊だね。
  5. 夫の良いところは、天空海闊なところだと思います。

まとめ

天空海闊というように、心が広々としていて度量が大きくなんのわだかまりもないということは、とても清々しいことではないでしょうか。
些細なことは大きな心で受け止めるような人は、頼りにされることが多いのではないでしょうか。
心の広い人になりたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事