精神一到【せいしんいっとう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語・英語訳)

【四字熟語】
精神一到

【読み方】
せいしんいっとう

【意味】
精神を集中すればどんなことでも成功する。
どのように困難なことでも、精神を集中して一生懸命に努力すれば、必ず成功する。

「到」を「倒」と書き誤らないように注意しましょう。

【語源・由来】
『精神一到、何事不成』
精神一到何事か成らざらん、の略。
精神を一つのことに集中すれば、何事でも成すことができるという意味。

「神」の旧字体は「神」。

【典拠・出典】
朱子語類』「八」

【類義語】
精神統一(せいしんとういつ)
射石飲羽(しゃせきいんう)
・一念岩をも通す(いちねんいわをもとおす)

【英語訳】
・mental concentration
・concentration of mind
・If you focus your mind, any hope will come true.


精神一到(せいしんいっとう)の使い方

健太
ともこ君はいつも営業成績がトップだ! すごいよな。かっこいいよ。
ともこ
そんな、かっこいいものじゃないのよ。いつもいつも、自分の心と戦っているんだから。
健太
自分のライバルは自分ってことかい?
ともこ
そんなんじゃないのよ。私は負けるのが嫌いなだけ。だから、いつも「私は勝つ!」って精神一到しているのよ。そんな風に気を張っている事に疲れる時もあるのよ。

精神一到(せいしんいっとう)の例文

  1. 難しいと聞く宅建の資格をとろうと、精神一到を念じ、頑張った。すると、見事に1回目で合格することができた!
  2. うまくいかないと思っても精神一到して努力すれば、必ず道筋ができるはずだ。
  3. もうダメだぁ、となった時ほど不思議に精神一到の精神で挽回できる。もっと早くから精神一到したいものだ。
  4. 精神一到、今の倍の売上げも不可能ではない!
<やみ夜/樋口一葉>より
骨が舎利になるともやりまする、精神一到何事か出来ぬという筈(はず)はなく、

まとめ

精神を集中すれば、強い力が生まれる。分かっているのであれば、常に精神状態をコントロールして成功を手中におさめられるはずだ。
しかしながら、その集中という行為がとても難しい。
世の中には気が散ることが多すぎるからである。
精神一到はここぞという時に発揮するスキルのようなものである

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索