一意専心【いちいせんしん】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
一意専心

【読み方】
いちいせんしん

【意味】
ひたすらひとつのことに、心を向けて集中すること。他に心を向けずにそのことのみを考えること。

【由来】
「一意」「専心」は共に一心に行うこと。そのことだけに心を向け、「意を一にして心を専らにす」と訓読する。

「一」は「壱」、「専」は「搏」とも書く。

【類義語】
・一意繫心(いちいけいしん)
・一意攻苦(いちいこうく)
・一意奮闘(いちいふんとう)
・一生懸命(いっしょうけんめい)
・一心不乱(いっしんふらん)
・無我夢中(むがむちゅう)
・一心一意(いっしんいちい)
・全心全意(ぜんしんぜんい)

【対義語】

【英語訳】
wholeheartedly、with all one’s heart、single-mindedly

例文 あなたは何事も一意専心ですべきです。
You should put your whole heart in anything you undertake.
【スポンサーリンク】

一意専心(いちいせんしん)の使い方

ともこ
高校入学おめでとう!希望する高校に合格してよかったね!
健太
ありがとう!受験勉強を頑張った甲斐があったよ。
ともこ
高校は入学したら終わりじゃないんだからこれからも頑張ってね。
健太
一意専心して勉強に取り組むよ!ここからがスタートだ!

一意専心(いちいせんしん)の例文

  1. 私が県議会議員に当選した暁には一意専心して住みよいまちづくりに取り組みます。
  2. 彼女は一意専心して部活に取り組み見事県大会優勝した。
  3. 君はもっと一意専心して勉強に取り組むべきだと思うよ。
  4. 一意専心してサッカーに取り組んでいきたい。
  5. いろいろな資格を取りたいが、まずは一意専心して一つの資格の勉強をしようと思う。

まとめ

色々なものに手を出して広く浅く物事に取り組むよりも、狭く深く一意専心して物事に取り組む方が自分の人生に有益となるだろう。

【スポンサーリンク】

合わせて読みたい記事