紙上談兵【しじょうだんぺい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
紙上談兵

【読み方】
しじょうだんぺい

「紙上に兵を談ず」とも読む。
日本漢字能力検定
5級

【意味】
理論だけで、実際には全く役に立たないこと。

【語源・由来】
「談兵」は戦術を論ずること。紙の上で戦術の論議するという意味。

【類義語】
・按図索驥(あんずさくき)
・按図索駿(あんずさくしゅん)
・机上之論(きじょうのろん)
・空理空論(くうりくうろん)
・紙上空論(しじょうのくうろん)


紙上談兵(しじょうだんぺい)の使い方

健太
ああ。また0点をとってしまった。母さんになんて言おうかな。
ともこ
お母さん対策を考えている間に、次からは0点を取らないよう対策を考えればいいじゃないの。
健太
そうだね。朝早く起きて勉強して、夜は寝ないで勉強すれば成績が上がるかな。
ともこ
まず健太くんは早起きできないだろうし、夜遅くまで起きていたら、結局授業中に居眠りしそうだから、紙上談兵ね。塾に通ったほうがいいんじゃないかしら。

紙上談兵(しじょうだんぺい)の例文

  1. 今日の敗北は監督である私の責任、作戦が紙上談兵でした。
  2. 健太くんのアイディアは理想ばかり高くて、紙上談兵です。
  3. 理論的には理解できたけれども、予算がないことには、紙上談兵で終わるだろうな。
  4. 小学校で都大会優勝、中学校で全国大会優勝、高校でオリンピック金メダルという人生計画は、紙上談兵でした。
  5. 会議室で話し合っても紙上談兵でしかない、実践あるのみ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事