按図索驥【あんずさくき】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】
按図索驥

「図を按じて驥を求む」とも読む。

【読み方】
あんずさくき

【意味】
理論だけの実際には役に立たない意見ややり方のたとえ。机上の空論。

【語源・由来】
馬に乗ったこともないのに、名馬を絵や書物の知識だけで見つけようとする意味から。

【典拠・出典】
漢書』「梅福伝」

【類義語】
按図索駿(あんずさくしゅん)
・机上空論(きじょうのくうろん)
机上之論(きじょうのろん)
砂上楼閣(さじょうのろうかく)
紙上談兵(しじょうだんぺい)


按図索驥(あんずさくき)の使い方

ともこ
文化祭はどんな風にしたい?
健太
遊園地みたいなのが良いなあ。キャラクターのパレードとかあって華やかにしたい。
ともこ
そんな按図索驥な意見じゃなくて、もっと現実的な予算に見合った案をあげてほしいんだけど。
健太
ごめんなさい。楽しいドーナッツ屋さんがいいです。

按図索驥(あんずさくき)の例文

  1. その家は、按図索驥のようにあり得ない形をしていましたが、耐震性も耐久性も及第点なんだそうです。
  2. 実現しない限りは、どんな考えも按図索驥です。
  3. 職人気質の親方が、按図索驥で仕事を進めるとは思えない。
  4. 按図索驥に終わらせず実現可能だと証明して見せよう。
  5. 事実の裏付けがなければ、按図索驥にすぎない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索