米泉之精【べいせんのせい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
米泉之精

【読み方】
べいせんのせい

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
酒をいう。

【語源・由来】
白居易の「酒功賛」より。酒は主に米から醸造することからいう。

【類義語】
・清聖濁賢(せいせいだくけん)


米泉之精(べいせんのせい)の使い方

ともこ
健太くん。またテストで0点をとったんですって?
健太
そうなんだ。いつ父さんにこの0点の答案を見せようかな?
ともこ
きっと厳しく怒られるでしょうね。
健太
そうだ。父さんが米泉之精を飲んで酔っ払った後にしよう。きっと意識がもうろうとしていてよくわからないに違いない。うまくいくといいな。

米泉之精(べいせんのせい)の例文

  1. 米泉之精を毎晩飲んでいるおかげで、僕は今まで病気知らずなんです。
  2. 成人が2022年から18歳に変更になるけれども、米泉之精を飲むことができるのは変わらず20歳からです。
  3. 米泉之精を飲みすぎると、アルコール中毒という病になるので、たしなむ程度がいいと思います。
  4. 米泉之精が好きじゃない人は、人生損をしていると思います。
  5. 僕は米泉之精を楽しむことで、 明日もがんばろうって前向きに考えることができるんです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事