蒼然暮色【そうぜんぼしょく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】
蒼然暮色

【読み方】
そうぜんぼしょく

【意味】
夕暮れどきの、あたりが薄暗くなっている様子。

【語源・由来】
「蒼然」は日暮れどきの薄暗いさま。「暮色」は夕暮れの景色。

【典拠・出典】
柳宗元「始得西山宴游記」

【類義語】
暮色蒼然(ぼしょくそうぜん)


蒼然暮色(そうぜんぼしょく)の使い方

ともこ
蒼然暮色の時間は逢魔が時といって、魔物が歩き回る時間なんだそうよ。
健太
ええっ。魔物と会うなんて怖いな。
ともこ
そうでしょう?だから早く家に帰らないと、魔物と会うどころか、魔物の世界に連れていかれるわよ。
健太
いやだー。

蒼然暮色(そうぜんぼしょく)の例文

  1. 蒼然暮色の時間は薄暮時といって、車は早めの点灯をしないと、事故が最も多い時間帯なんです。
  2. 気がついたら蒼然暮色、遊びに熱中しすぎていて帰る時間を忘れてしまっていました。
  3. 外は蒼然暮色、もうしばらくしたら夜のとばりが降りる頃です。
  4. 蒼然暮色の景色は、とても物悲しくでも美しく心に響き、多くの日本人にとっては心象風景です。
  5. 立ち話をしていたら、蒼然暮色の時間になってしまったので、お腹をすかせて待っている子供たちのために早く帰らないといけません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索