大人虎変【たいじんこへん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
大人虎変

【読み方】
たいじんこへん

【意味】
すぐれた賢者が、時の流れに合わせて、日に日に自己変革すること。または、すぐれた統治者の制度変革によって、古い制度が新しくてよりよい制度に改められること。変化や改革を見事にすることのたとえ。

【語源・由来】
「易経」革卦より。「大人」は徳があって立派な人、「虎変」は虎の毛が美しく立派に生え変わることから、

【類義語】
・君子豹変(くんしひょうへん)
・大賢虎変(たいけんこへん)


大人虎変(たいじんこへん)の例文

健太
さすがともこちゃん。歴代の生徒会長が成し遂げることができなかった大人虎変を成し遂げたね。
ともこ
これでより良い学校になって、後の100年まで語り継がれるような名門校になると良いんだけど。
健太
なるよー。きっと視察も来るよ。ともこちゃんも歴史に名を残すよ。
ともこ
私は歴史に名を残さなくてもいいんだけど、みんなの心に残る良い学校になればいいな。

大人虎変(たいじんこへん)の使い方

  1. 大人虎変というように、偉大な人は間違いに気付くとすぐ変わることが出来るものです。
  2. ともこちゃんが大人虎変し、同性カップルでも結婚できるようになりました。
  3. ともこちゃんが総理大臣になったら、弱者に寄り添った大人虎変をしてくれるに違いない。
  4. さすがともこちゃん、美しい国日本を目指してスムーズに大人虎変しました。
  5. ともこちゃんが少子高齢化に対応した新しい年金制度を考え大人虎変しました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事