廷諍面折【ていそうめんせつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
廷諍面折

「廷争面折」とも書く。

【読み方】
ていそうめんせつ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
面と向かって臆することなく争論すること。

【語源・由来】
『史記』「呂后記」より。「廷諍」は朝廷で争論すること。剛直の臣についていう。「面折」は面と向かって責める。

【類義語】
・面折廷諍(めんせつていそう)


廷諍面折(ていそうめんせつ)の使い方

健太
先生に対して廷諍面折できるともこちゃんはすごいよね。
ともこ
誰かが言わないと、この学校はよくならないじゃないの。
健太
みんなそう思っているけれども、それでもできないものだよ。
ともこ
廷諍面折することができる私みたいな人が一人いれば、世の中は変わっていくからいいじゃないの。

廷諍面折(ていそうめんせつ)の例文

  1. 廷諍面折するともこちゃんはすごいと思うけれども、事なかれ主義の僕には煙たい存在でもあります。
  2. 間違っていると思ったら、健太くんは相手が目上の人でも廷諍面折します。
  3. 健太くんは廷諍面折するので、イエスマンが好きな社長に嫌われています。
  4. ともこちゃんは廷諍面折することができる心が強い信念を持った女性です。
  5. 心の中でいつも廷諍面折する妄想をするのですが、ともこちゃんのように実際に廷諍面折することはできません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事