漢検準1級の四字熟語一覧と意味付き【漢字検定】

漢検準1級

漢検準1級に出題される四字熟語一覧を五十音順に並べました。

準1級のレベル対象漢字は、大学・一般程度です。

勉強しやすいように、対象となる四字熟語を意味付きで掲載していますので、漢字検定準1級の合格に是非お役立てください。

その他の級はこちらをご覧ください。


「あ行」漢検準1級の四字熟語一覧

愛及屋烏(あいきゅうおくう)

溺愛、盲愛のたとえ。


哀鴻遍野(あいこうへんや)

いたる所に戦いに敗れた兵士やさまよう難民がいるさま。


曖昧模糊(あいまいもこ)

はっきりとしない様。あやふや、不明瞭なこと。


浅瀬仇波(あさせあだなみ)

思慮の浅い人は、とかくとるにたりない小さなことにも大さわぎすることのたとえ。深い淵より浅い瀬の方がはげしく波立つ意。


阿世曲学(あせいきょくがく)

学問の真理をまげて、世間や時勢に迎合すること。また、そうした人。


可惜身命(あたらしんみょう)

体や命を大切にすること。


阿鼻叫喚(あびきょうかん)

悲惨な状況に陥り、泣き叫び救いを求めるさまのたとえ。


阿附迎合(あふげいごう)

相手のご機嫌をとり、気に入られようとしてへつらい従うこと。


按甲休兵(あんこうきゅうへい)

戦いをやめること。


安車蒲輪(あんしゃほりん)

老人をいたわり手厚く待遇することのたとえ。


按図索駿(あんずさくしゅん)

理論だけの実際には役立たない考えや意見のこと。馬に乗ったこともないのに、絵や書物の知識だけで、優秀な馬を見つけようとすること。


暗箭傷人(あんせんしょうじん)

闇討ちをしたり、ひそかに中傷したりする卑劣な行いのこと。


暗中摸索(あんちゅうもさく)

手がかりもない中であれこれ試みること。試行錯誤。


按兵不動(あんぺいふどう)

好機の到来を、様子をうかがいながらじっと待つこと。


以夷征夷(いいせいい)

外国を利用して他の国をおさえ、自国は戦わずに利益を収め安全を図ること。
異民族を利用して異民族をおさえる。敵国をおさえるのに他国の力を利用する。


意気軒昂(いきけんこう)

元気いっぱい、大いに気持ちが高揚しているさま。元気で気力に満ちているさま。意気込みがさかんで、誇らしげで自信に満ちあふれているようす。威勢よく奮(ふる)い立つ。


衣錦之栄(いきんのえい)

成功して故郷に錦(にしき)を飾る名誉をいう。


郁郁青青(いくいくせいせい)

草木が芳しく(かんばしく)良い香りを放ち、青々と生い茂っているようす。


夷険一節(いけんいっせつ)

どんな時も自分の信念を忠実に守り続けること。
平穏なときも険しく厳しいときも、節義を変えず貫くたとえ。また、職責を全うすること。


衣繍夜行(いしゅうやこう)

功名を上げ、また出世しても故郷に錦を飾らなければ誰も知るものがいないたとえ。暗い夜に華やかな刺繍をした服を着て歩く意。


一飲一啄(いちいんいったく)

人が分に安んじてそれ以上求めないことのたとえ。ちょっと飲み、ちょっとついばむ。ささやかな飲食の意。


一日之長(いちじつのちょう)

一日早く生まれた意。少し年長であること。転じて、ほんの少し経験があり、技能などが他よりわずかにすぐれていること。自分の経験・能力・技能などを謙遜していう語。


一入再入(いちじゅうさいじゅう)

布を幾度も染めること。染色の濃いこと。染色のための液体に一度入れ、さらにもう一度入れる意。


一望千頃(いちぼうせんけい)

一目でかなたまで広々と見渡されること。


一夜検校(いちやけんぎょう)

ごく短い間に裕福になること。「検校」は昔、盲人の最上級の官名をいった語。一夜にして検校になる意。江戸時代、大金を納めて俄検校になったものをこのように呼んだことから。


一竜一猪(いちりょういっちょ)

学ぶと学ばぬとによって著しく賢愚の差ができることのたとえ。努力をするしないで一方は竜となり、一方は豚となる意。


一蓮托生(いちれんたくしょう)

①結果の善し悪しに関わらず、最後まで行動や運命をともにすること。また、事の善悪にかかわらず仲間として行動や運命をともにすること。
②よい行いをした者は死後に生まれ変わって極楽浄土で同じ蓮華の上に生まれ変わること。(仏典にはなく、日本の浄土信仰から生まれた考え)


一割之利(いっかつのり)

鉛でつくった切れ味の悪い刀でも一度は物を断ち切ることができる。凡庸な人でも時には力を出せる時がある。多く自分の微力を謙遜していう語。


一竿風月(いっかんのふうげつ)

自然に親しみ、のんびりと人生を楽しむこと。俗世にとらわれず、自然の中でのんびりと心ゆくまで自由な生活を送ること。自然の風物を楽しみ、俗事を忘れること。


一竿風月(いっかんふうげつ)

自然に親しみ、のんびりと人生を楽しむこと。俗世にとらわれず、自然の中でのんびりと心ゆくまで自由な生活を送ること。自然の風物を楽しみ、俗事を忘れること。


一虚一盈(いっきょいちえい)

あるいはむなしく、あるいは満ちる。常に変化して一定の形を保つことなく、測りがたいことのたとえ。むなしいときもあれば、満ちるときもある。


一琴一鶴(いっきんいっかく)

役人が清廉なこと。一張りの琴と一羽の鶴の意。また、旅支度が簡易なことのたとえ。


一顧傾城(いっこけいせい)

絶世の美人のたとえ。美女がひとたび振り返れば君主が惑わされて国を傾ける意「城」はいわゆる城とも町や国の意とも解釈できる。


一壺千金(いっこせんきん)

ふだんは価値がないものでも、時と場合によっては、それが計り知れないほど役に立つこと。「壺」はひょうたん・ふくべの意。ひょうたん一つが水に溺れそうになったとき浮き袋代わりになり、千金の価値を発揮するということ。


一弛一張(いっしいっちょう)

弦を強く張ったり、ゆるめたりすること。転じて、人に厳しく接したり、やさしく接したりすること。政治家・上司、また教育者の心得で、時には厳格に、時には寛大に程よく人に接するべきことをいう。また、現在では取引所の用語として、相場が小幅に高下を繰り返すこと。


一種一瓶(いっしゅいっぺい)

それぞれが一品の酒の肴と一瓶の酒を持ち寄って宴会をすること。気心の知れた者同士が、互いに持ち寄って催す肩の凝らない宴会をいう。


一生不犯(いっしょうふぼん)

一生涯にわたって全ての淫事を禁ずる戒めを守り、男女の交わりをしないこと。生涯女性と接しないこと。仏教での僧侶の戒律のこと。


一水盈盈(いっすいえいえい)

水満ちわたる一筋の川。互いに心惹かれながら、相見たり言葉を交わしたりできないたとえ。「盈盈」は水が満ち溢れるさま。一説に、端麗な女性にたとえた語ともいう。


一炊之夢(いっすいのゆめ)

人の世の栄華のはかないことのたとえ。


一世木鐸(いっせいのぼくたく)

世の中の人々を、教え導く人。社会の指導者。新聞の論説委員などの敬称、また自称。


一世之雄(いっせいのゆう)

その時代で最も優れた英雄。当代の最もすぐれた人物。「一世」はその時代の意。


一世木鐸(いっせいぼくたく)

世の中の人々を、教え導く人。社会の指導者。新聞の論説委員などの敬称、また自称。


一張一弛(いっちょういっし)

ある時には締め、ある時には緩めること。上司または教育者の心得で、時には厳格に、時には寛大に程よく人に接するべきこと。厳格にしたり寛大にしたりすることや、盛んになったり衰えたりすること。また、現在では取引所の用語として、相場が小幅に高下を繰り返すことも表します。


一朝之患(いっちょうのうれい)

一時の心配をいう。また、思いがけず突然起こる心配事。前者の意味のとき「一朝」は一朝の意から、わずかな時間、一時的の意。後者の意味の場合はある朝の意から思いがけないときの意。


一飯之恩(いっぱんのおん)

一回の食事をごちそうになった恩義。ほんの少しの恵み。また、ささやかな恩義であるが、それを忘れてはいけないという戒め。


一碧万頃(いっぺきばんけい)

青い海や湖などが、限りなく広々と広がっているさま。


乙夜之覧(いつやのらん)

天子が書物をご覧になること。昔、中国で天子が午後十時ころ仕事を終え、就寝する前に読書をしたことからいう。


移木之信(いぼくのしん)

政治を行なうものは、人民から信頼されるにたる人物であることを明らかにすべきであるということ。転じて、約束を実行することのたとえ。


衣履弊穿(いりへいせん)

貧賤の人の服装をいう。衣服や靴がつかれ破れる意。


引縄批根(いんじょうへいこん)

力を合わせて、他人を根こそぎ排斥すること。また、はじめ擦りより後に手のひらを返した者たちに、報復してうらみをはらすこと。


允文允武(いんぶんいんぶ)

武道・学芸、ともにすぐれていること。もと文武を兼ね備えた天子の徳をたたえたことば。


烏合之衆(うごうのしゅう)

規律も統制もなく、ただ寄り集まっているだけの集団。秩序のない人々の集まりや軍勢にいう。からすの集まりが無秩序でばらばらであることから。


有智高才(うちこうさい)

生まれながら頭の働きがよく、学習によって得た才能も優秀なさま。またはその人。


内股膏薬(うちまたこうやく)

自分なりの考えや方針がなく、利害や都合次第であちらについたり、こちらについたりする、節操のない人のたとえ。


烏鳥私情(うちょうのしじょう)

親孝行をしたいという気持ち。


鬱鬱葱葱(うつうつそうそう)

植物が鬱蒼と茂ること。生気に満ちて盛んな様子。


烏白馬角(うはくばかく)

ありえないこと。絶対にあるはずがないこと。


烏飛兎走(うひとそう)

月日が慌ただしく過ぎていくこと。


有耶無耶(うやむや)

いい加減なこと。曖昧なこと。
胸がモヤモヤしているさま(主に明治時代に使用)


雲霞之交(うんかのまじわり)

俗世を超えた交友。一般的な関係を超越した交友関係のこと。


雲蒸竜変(うんじょうりょうへん)

英雄・豪傑が機会を得て世に出るたとえ。


雲中白鶴(うんちゅうのはっかく)

世俗を超越した高尚な境地にいる人。高潔な人。


雲濤煙浪(うんとうえんろう)

①雲やもやでおおわれた波のこと。
②はるか水平線で雲に届いてみえる波のこと。


運否天賦(うんぷてんぷ)

人の運不運は天命によるということ。運命を天にまかせること。


雲竜井蛙(うんりょうせいあ)

地位の高下、貴賎、賢愚など隔たりのはなはだしいこと。


盈盈一水(えいえいいっすい)

男女が思いを交わしながら会うことができない苦しみやつらさをいうたとえ。


永劫回帰(えいごうかいき)

世の中は同じ事象が永遠に繰り返すということ。


詠雪之才(えいせつのさい)

文学的才能の優れた女性のこと。女性の詩文の才をほめる言葉。


栄耀栄華(えいようえいが)

おおいに栄えて、ぜいたくを尽くす。また、富や権勢を誇り、おごり高ぶること。
人や家などが華やかに栄えること。


益者三楽(えきしゃさんごう)

人の好む三つの有益なもの。また、益を得る三つの楽しみのこと。一つは、礼儀と音楽(雅楽)をほどよくおこなうこと。二つは、他人の美点を話題にすること。三つは、すぐれた友人を多くもつこと。


鴛鴦之契(えんおうのちぎり)

外見だけでなく、心から結ばれているむつまじい夫婦仲。


燕雁代飛(えんがんだいひ)

人と人がすれ違いで遠く隔てられているたとえ。
「代」はかわる、かわるがわるの意味。
「燕雁(えんがん)代わって(かわるがわる)飛(と)ぶ」と訓読する。


掩耳盗鐘(えんじとうしょう)

自分で自分を欺くたとえ。浅はかな考えのたとえ。
浅はかな考えで自分を欺き、悪事を隠したつもりでも、いつの間にか知れ渡っているたとえ。
また、自分の良心に背くようなことをしながら、無理にそれを思わないようにしているたとえ。
自分の耳をふさいで鐘を盗むという意味から。


宛転蛾眉(えんてんがび)

顔かたちが美しいさま。美人の形容。


円融三諦(えんにゅうさんだい)

完全にとけあっている三諦 (3つの真理,3つの見方) 。 隔歴 (きゃくりゃく) 三諦に対する言葉。 空,仮,中の三諦は天台宗において展開され受継がれてきた独自の思想で,円融三諦とは,働きに応じて三諦の区別はあるが,その本体は一つで三者が互いに円満し合い融通し合って一諦がそのままただちに他の二諦であるという意味。


鳶飛魚躍(えんぴぎょやく)

万物が自然のあるべき姿に従い、自由に楽しんでいることのたとえ。またそのような自然の理の作用のこともいう。君主の恩徳が広く及び、人々がそれぞれの能力によって、それぞれ適所を得ていることのたとえ。


円木警枕(えんぼくけいちん)

苦労して一生懸命に勉学に励むことのたとえ、また物事に精励して寝る間も惜しむこと。


鳶目兎耳(えんもくとじ)

よく見える目と、よく聞こえる耳。それを備えたジャーナリストなどをいう語。


横説竪説(おうせつじゅせつ)

自由自在に述べたてること。縦横に説き述べること。


横草之功(おうそうのこう)

非常に容易なことのたとえ。また、きわめてわずかな功労のたとえ。


椀飯振舞(おうばんぶるまい)

1《2が原義。「大盤 (おおばん) 振る舞い」と当てて書くこともある》盛んなもてなし。また、金品などを気前よく人に施すこと。
2椀飯の儀礼の影響を受けた江戸時代の正月の行事。一家の主人が親類縁者を招いて盛んな宴会を催したこと。また、その宴会。節 (せち) 振る舞い。


屋烏之愛(おくうのあい)

きわめて愛情の深いこと、また偏愛・溺愛のたとえ。


屋梁落月(おくりょうらくげつ)

沈みかけた月が暗雲を押し開いて、屋根の梁を照らし、再び光明を見い出すこと。友人を思う切ない心情をいう。


温柔敦厚(おんじゅうとんこう)

人柄が温かくてやさしく、真心のこもっていること。


遠塵離垢(おんじんりく)

仏教で、現世での迷いを断ち切ること。


乳母日傘(おんばひがさ)

子どもが、恵まれた環境で大切に育てられること。また、過保護に育てられること。


温文爾雅(おんぶんじが)

心がおだやかで礼儀にかない、文章、言語、風俗などのかどがとれて美しいこと。

【スポンサーリンク】

「か行」漢検準1級の四字熟語一覧

会稽之恥(かいけいのはじ)

敗戦の恥辱。他人から受けたひどいはずかしめ。


改弦易轍(かいげんえきてつ)

法律や制度を改変すること。


回光返照(かいこうへんしょう)

自己を振り返り、反省して修行すること。死に際に息を吹き返すこと。


廻天之力(かいてんのちから)

天下の情勢を一変させるほどの大きな力。また、困難な状況を一変させるほどの大きな力。


開門揖盗(かいもんゆうとう)

みずから原因を作って災いを招くこと。「開門」は門を開けること。「揖」は会釈のことで、両手を前で組み合わせて上下し、前に押し出して行う中国式の礼をいい、「揖盗」は泥棒に会釈する意。わざわざ門を開けて、泥棒に会釈するということから。


魁塁之士(かいるいのし)

さかんでたくましい人のこと。


河漢之言(かかんのげん)

言葉が天の川のように果てしなくとりとめのないこと。また虚言(ほら)をいう。「河漢」は天にかかる天の川のこと。


花街柳巷(かがいりゅうこう)

酒色を供することを職業とする遊郭・色町のこと。「柳巷」は柳の木を並べて植えてある街路のこと。「花街」は花の咲いている街を指した。昔、色町には多く柳や花が植えられていたとも、艶めかしい遊女を柳や花にたとえたともいわれる。「花柳」は、この語の略。


下学之功(かがくのこう)

手近で初歩的なことから学んで、徐々に進歩向上してゆくこと。「下学」は手近で初歩的なことを学ぶ意。


赫赫明明(かくかくめいめい)

勢い良くハッキリと明るい様子。


革故鼎新(かくこていしん)

古い制度や習慣を改めて新しいものにすること。「革故」「鼎新」ともに、古い物事を改めること。革新の意。


鶴寿千歳(かくじゅせんざい)

長寿、長命のこと。鶴は千年の寿命を保つという意味。


廓然大公(かくぜんたいこう)

心になんのわだかまりもなく、少しの偏りもないこと。


廓然大悟(かくねんたいご)

疑いの心が晴れて確信すること。「廓然」は、心がからりと開けているさま。「大悟」は、至高の真理を悟ること。もとは仏教のことば。


鶴鳴之士(かくめいのし)

才能や能力があっても、世のために使われることなく、世間から認められていない賢者のこと。または、公職についていない賢者のこと。


鶴翼之囲(かくよくのかこみ)

左右に長く広がった陣形をめぐらすこと。


嘉言善行(かげんぜんこう)

よい言葉と、立派な行いのこと。


夏侯拾芥(かこうしゅうかい)

学問を修めるのが大切なこと。漢の夏侯勝が、学問を修めれば官職を得ることなど地面のごみを拾うように容易だと教えたことから。「拾芥」はごみを拾う意味で、物事のたやすいこと、得るのに容易なことのたとえ。夏侯勝は、太傅(天子の補佐役)となった経学者。


河山帯礪(かざんたいれい)

永久に変わらない堅い誓約のたとえ。また、国が永遠に栄え安泰であるたとえ。たとえ広い黄河が帯のように細くなり、高い泰山がすりへって砥石のように平らになるようなことがあっても、永久に変わることはない意から。「河」は黄河のこと。「山」は泰山の意。「礪」は砥石の意。


和氏之璧(かしのへき)

この世にめったにないほどの宝物のこと。


華燭之典(かしょくのてん)

結婚式のこと。
また、他人の結婚式の美称のこと。


禾黍油油(かしょゆうゆう)

物が勢いよくみごとに生長するさま。「禾」は稲、「黍」はキビのこと。「油油」は草などがつやつやとして勢いがよいさまをいう。


嘉辰令月(かしんれいげつ)

よき月、よき日ということ。
めでたい、縁起のいい日ということ。


加持祈祷(かじきとう)

一般に、病気・災難などをはらうために行う祈祷、または、その儀式。印を結び、真言を唱え、いくつかの象徴的器具を用いて行う。


確乎不抜(かっこふばつ)

信念や意志がしっかりしていて、物事に動じないこと。


活剥生呑(かっぱくせいどん)

他人の詩文などをそっくり盗用すること。また、他人の言葉や考えを鵜呑みにして受け売りするだけで、独自性・創造性のないことのたとえ。「生呑」は生きたまま丸のみすること。「活剥」は生きたまま皮などを剥ぎとること。


活溌溌地(かつはつはつち)

生き生きと活動すること。意気盛んで、何の心配事もないこと。「溌溌」は魚が勢いよく水の上にはねること。


過庭之訓(かていのおしえ)

父の教えのこと。また家庭での教育のこと。「訓」は教え、教訓。


瓜田李下(かでんりか)

人に疑われるような言動はつつしまなければいけないというたとえ。


河図洛書(かとらくしょ)

古代中国の伝説上の図と文様である「河図」と「洛書」の総称。


瓜剖豆分(かぼうとうぶん)

瓜や豆を割るように分裂・分割すること。


烏之雌雄(からすのしゆう)

是非や善悪が区別しにくく、判断しにくいこと。


河梁之吟(かりょうのぎん)

親しい人を送る時の別れがたい気持ちのこと。「河梁」は橋のこと。


迦陵頻伽(かりょうびんが)

声が美しいもののたとえ。とても美しい声で鳴くという想像上の鳥の名前。ヒマラヤ山中、あるいは極楽浄土にすむという。


閑雲野鶴(かんうんやかく)

何事にもとらわれず、のんびりと自然を楽しみながら暮らすこと。
悠々と自由に暮らす境遇。


韓海蘇潮(かんかいそちょう)

韓愈と蘇軾の文体を評した語のこと。唐の韓愈の文章は海のように広々としており、北宋の蘇軾の書いた文章は、潮のように力強い起伏があるということ。


寒巌枯木(かんがんこぼく)

世俗を超越して無心の境地にあること。枯れた木と冷たい岩のことで、禅宗では「枯木」「寒巖」を情念を滅却するもののたとえとしていう。


歓欣鼓舞(かんきんこぶ)

大喜びするたとえ。喜びきわまって手を打って舞う意。「鼓舞」は鼓を打って舞うこと。


干将莫邪(かんしょうばくや)

名剣のこと。


管中窺豹(かんちゅうきひょう)

見識の非常に狭いたとえ。管の穴から豹を見る意。一つの斑紋しか見えないことからいう。「管中より豹を窺う」とも読む。


汗馬之労(かんばのろう)

物事を成功させるためにあれこれ奔走する労苦のたとえ。


鎧袖一触(がいしゅういっしょく)

鎧の袖でちょっと相手に触れるくらいの力で、たやすく相手を倒すこと。


蓋世之才(がいせいのさい)

世を覆い尽くし圧倒するほど勇壮な才能、またそれほどの才能を持った人


咳唾成珠(がいだせいしゅ)

一つ一つの言葉、一言一句が珠のようにとても美しく、詩文の才能がきわめて豊かなこと。
また、権力者の言葉は一つ一つ、一言一句が敬意を払われるほど、権力や勢力が盛んな様子。


画虎類狗(がこるいく)

才能のない者が本物をまねても、似ているだけで実際は違うものになってしまうということ。「類」は似ること。絵の才能がないものが、虎の絵を描こうとして描いても、犬に似た絵になってしまうということから。「虎を画いて狗に類す」とも読む。


臥薪嘗胆(がしんしょうたん)

目的を達成するために機会を待ち、苦労を耐え忍ぶこと。


瓦釜雷鳴(がふらいめい)

賢者が相応の評価をされず、能力のない者が重要な地位について、いばることのたとえ。また、讒言が用いられるたとえ。


臥竜鳳雛(がりょうほうすう)

才能がありながら、機会に恵まれず、実力を発揮できないでいる者のたとえ。また、将来が期待される有望な若者のたとえ。


餓狼之口(がろうのくち)

非常に欲が強く、残忍な人のこと。


含飴弄孫(がんいろうそん)

老人が気楽に隠居生活をすること。「含飴」は飴をなめること、「弄孫」は孫とたわむれる意。飴をなめながら、孫と遊ぶことをいう。


含沙射影(がんしゃせきえい)

陰険な方法で人を害すること。「含沙」は、中国南部にすむいさご虫という怪虫で、砂を口に含んで人の影に吹きつけると、その人は高熱を出して死ぬという。「含沙影を射る」と読み下す。「射影」を「しゃえい」と読み誤らない。


眼中之釘(がんちゅうのくぎ)

自分に害をなすもののたとえ。邪魔者、いやなやつ、憎らしい人などのたとえ。眼の中の釘(目の中の障害物)の意から。類句として「眼中抜釘(眼中より釘を抜く)」があり、自分に害を与えるものを取り去る、害をなすものがいなくなる意。一般には邪魔者がいなくなったときに「眼中の釘が抜けたようでせいせいした」などと用いる。「釘」は「丁」とも書く。


機械之心(きかいのこころ)

偽りたくらむ心。策をめぐらす心。機械は巧妙な構造の器具。転じて、巧知。偽り。企み。


規矩準縄(きくじゅんじょう)

行動や物事の規準。法則。手本。規則。「規」は円を描くときに使うコンパス。「矩」は長さを測るための指矩のこと。「準」は水平を測るための水準器。「縄」は直線を引くための墨縄のこと。


棄甲曳兵(きこうえいへい)

戦いに敗れ、敗走すること。あわてて逃げる様さま。


規行矩歩(きこうくほ)

心や行動がきちんとして正しいこと。品行方正なこと。また、古いしきたりや決まりごとにとらわれて融通のきかないこと。「規」は円を描いたり、長さを移すことに用いる文房具のコンパスのこと。「矩」は長さを測るのに使われる工具の差し金のこと。どちらも規則や基準という意味。


気骨稜稜(きこつりょうりょう)

自分の信念を守って、貫き通そうとするさまのこと。「気骨」は自分の信念を曲げない強い気持ちのことで、「稜稜」は気性の厳しいさまのこと。


騎虎之勢(きこのいきおい)

物事にはずみがついて、途中でやめられないことのたとえ。


箕山之志(きざんのこころざし)

名利を捨て、俗世間から離れて暮らす、隠遁の志。


貴耳賤目(きじせんもく)

伝聞やうわさを軽々と信じて、実際に自分の目で見ているものを信じないこと。また、伝え聞いた遠くのことや過去のことは重んじるが、身近なことや現在のことは軽視すること。耳で伝え聞いたことは尊ぶが、実際に目で見たものは軽んじる意から。「耳を貴び目を賤しむ」とも読む。


机上之論(きじょうのろん)

理屈は整っているが、実際には全く役に立たない議論。「机上」は机の上。「論」は根拠がひとつもない理論のこと。


希世之雄(きせいのゆう)

世にもまれなこと。世間にめったにないほどすぐれていること。「希世」はとても珍しいこと。


貴賤上下(きせんじょうげ)

身分や階級、地位の高い人と低い人。また、転じて、ありとあらゆる人。


気息奄奄(きそくえんえん)

息も絶え絶えな様子。今にも死にそうな様子。また、物事が非常に苦しい状態にある様子。


吉日良辰(きちじつりょうしん)

日がらのよい日。特に仏教で、星宿の法により仏事を修すると、広大な福徳善根を得るという日。


吉祥悔過(きちじょうけか)

正月に、吉祥天を本尊として最勝王経を読み、罪過を懺悔するとともにその年の五穀豊穣を祈願する法会。


橘中之楽(きっちゅうのたのしみ)

囲碁や将棋の楽しみを言い表す言葉。「橘」はみかんのこと。


肌肉玉雪(きにくぎょくせつ)

若い女性や幼い子供の肌が、白玉や雪のように白くきれいであるとほめる言葉。


鬼斧神工(きふしんこう)

人間の技とは思えない、精巧でち密な工芸品や美術品のこと。


亀毛兎角(きもうとかく)

亀に毛が生え兎に角が生えるのは有り得ない事で、そのような異常事態が起こるのは戦乱の凶兆であるという意味から転じて、有り得ない事のたとえ。
仏教で、現実に存在しないもの、現実に存在しないものを存在するかの様に扱う愚かしさ、有って無い様なもの、曖昧な存在という意味。


客塵煩悩(きゃくじんぼんのう)

偶発的な汚れ。心を外から汚す煩悩のこと。「客」は外からやってきた客のこと。


汲汲忙忙(きゅうきゅうぼうぼう)

ものすごく忙しいこと。「汲汲」は休むことなく、働き続けること。「忙忙」は多忙なこと。


泣血漣如(きゅうけつれんじょ)

悲しさのあまり、血の涙を流すように激しく泣くこと。「泣血」は涙が出なくなり、血の涙を流すこと。「漣」は涙が流れること、「如」は様子や状態を表す助字。


九皐鳴鶴(きゅうこうのめいかく)

賢人は身を隠しても,その名声は広く世間に自然に知れ渡るということ。「九皐」は山の奥深い場所にある沼沢。山奥にある沼沢で美しい鳴き声の鶴が鳴くという意味から。


丘山之功(きゅうざんのこう)

偉大な功績を譬えて言った言葉。丘や山のように大きな功績の意味。丘や山のように大きな功績という意味から。小さな石や土を数多く積み重ねて出来た丘や山ということから、数多くの努力を積み重ねることをいう。


鳩首凝議(きゅうしゅぎょうぎ)

人々が集まり、額を寄せ合って熱心に相談すること。


窮鼠噛猫(きゅうそごうびょう)

弱者でも窮地に追い込まれれば、必死で強者に反撃するというたとえ。


九鼎大呂(きゅうていたいりょ)

貴重なもの、重い地位、名望などのたとえ。


旧套墨守(きゅうとうぼくしゅ)

古いしきたりや方法などを固く守ること。また、古いしきたりなどにとらわれて融通のきかないこと。


朽木糞土(きゅうぼくふんど)

朽ちた木は彫刻できず、腐った壁は塗りかえができない。精神のくさった人間は教育のしようがないことにいう。「朽木は雕るべからず、糞土の牆は檣はぬるべからず」を略した言葉。


僑軍孤進(きょうぐんこしん)

軍隊が援軍もなく、孤立して進軍すること。転じて、助けを得られず孤立して物事を行うことのたとえ。「僑軍」は別の土地からやってきた軍隊、遠征軍のこと。


教唆煽動(きょうさせんどう)

人を教えそそのかして、気持ちをあおりたて、実際にある行動を起こすように仕向けること。


彊食自愛(きょうしょくじあい)

つとめて食事を取って、からだを大事にすること。


曲学阿世(きょくがくあせい)

学問の真理にそむいて時代の好みにおもねり、世間に気に入られるような説を唱えること。真理を曲げて、世間や時勢に迎合する言動をすること。


曲肱之楽(きょくこうのたのしみ)

清貧に甘んじて学問に励み、正しい道を行う楽しみ。また、貧しさの中にある楽しみ。


旭日昇天(きょくじつしょうてん)

朝日が昇るように勢いの盛んなこと。「旭日」は朝に昇る太陽のこと。「昇天」は天に昇ること。「旭日昇天の勢い」などと使う。


曲眉豊頬(きょくびほうきょう)

美しい眉と、ふっくらとしたほお。美人の形容。


虚心坦懐(きょしんたんかい)

心に何のわだかまりもなくさっぱりして穏やかな様子。
「坦」は平らか。「坦懐」は、広く平らかな心。


許由巣父(きょゆうそうほ)

許由が潁水で耳のけがれを洗い落としているのを見た巣父が、そのような汚れた水は牛にも飲ませられないとして牛を連れて帰ったという、「荘子」逍遥遊・「史記」燕世家などにみえる故事。栄貴を忌み嫌うことのたとえ。また、その故事を描いた画題。


金烏玉兎(きんうぎょくと)

日月。太陽と月。「金烏」は太陽に棲むとされた3本足の烏、「玉兎」は太陰(月)に棲むとされた兎。歳月が早く過ぎ去っていくことを「烏兎怱怱」などと言う。


琴歌酒賦(きんかしゅふ)

世間離れした優雅な遊びのたとえ。また、名誉や私欲と縁のない隠者の生活のたとえ。


欣喜雀躍(きんきじゃくやく)

飛び跳ねるほど大喜びすること。雀が飛び跳ねように喜ぶこと。


禽困覆車(きんこんふくしゃ)

弱い者でも、窮地に立ち必死になれば、とてつもない力を発揮する事が出来る。


錦心繍口(きんしんしゅうこう)

詩文の才能にすぐれているたとえ。美しくすぐれた思いと言葉の意から。


禽獣草木(きんじゅうそうもく)

地に生けるすべてのもの。


巾箱之寵(きんそうのちょう)

箱に入れていつもそばに置き、離すことができないもののたとえ。


祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)


尭階三尺(ぎょうかいさんじゃく)

君子が慎ましく控えめな生活をすること。または質素な宮殿のこと。


尭鼓舜木(ぎょうこしゅんぼく)

為政者は人民の諫めの言葉をよく聞くべきことのたとえ。また、広く人の善言をよく聞き入れるべきことのたとえ。尭帝の設けた太鼓と舜帝の立てた木札の意から。


行住坐臥(ぎょうじゅうざが)

日常の振る舞いのこと。ふだん。つねづね。ふだんの立ち振る舞いの意。


尭年舜日(ぎょうねんしゅんじつ)

天下泰平の世の中であることのたとえ。


尭風舜雨(ぎょうふうしゅんう)

尭帝や舜帝のような聖天子の恵みが天下に行き渡っているのを風雨にたとえていう語。転じて、天下太平の世の意。


漁夫之利(ぎょふのり)

両者が譲らずに争っていると第三者が骨を折らずに利益を横取りしてしまうことのたとえ。「鷸」は水鳥のしぎ。「蚌」はどぶ貝のこと。


魚網鴻離(ぎょもうこうり)

求めるものが得られず、求めていないものが得られるたとえ。求めていたものとは違う意外なものが手に入るたとえ。魚を捕らえようと網を張ってあったのに鴻がかかる意から。


魚目燕石(ぎょもくえんせき)

よく似ているが本物とは違うもの。にせもの。または、偽物が本物の価値を落とすこと。
「燕石」は中国の燕山から出る宝石に似た石。


銀盃羽化(ぎんぱいうか)

盗難にあうことのたとえ。


区区之心(くくのこころ)

自分の考えや心のことを謙遜していう言葉。


苦肉之計(くにくのはかりごと)

苦しまぎれに考えついた手段や方法、策略のこと。


狗馬之心(くばのこころ)

目上の人に対する忠誠心、自分の誠意の謙称。


九品蓮台(くほんれんだい)

極楽浄土にある、蓮(はす)の葉でできた台。往生すればその上に生まれ出るという。九等の階位がある。


君子豹変(くんしひょうへん)

考えや態度を変えること。


君側之悪(くんそくのあく)

君主のそばに仕えている悪人のこと。また、ひそかに悪だくみを考えている側近の臣下。


求不得苦(ぐふとくく)

求めているものが得られない苦しみ。不老不死を求めても得られない苦しみのこと。
また、物質的な欲望が満たされない苦しみのこと。


群鶏一鶴(ぐんけいのいっかく)

多くの人の中で、特にすぐれている者。
何のとりえもない人々の中に一人だけ優れた人物が混じっていること。


群竜無首(ぐんりょうむしゅ)

人材は揃っているが、統率者になるほどの人がいず、物事がうまく行かないこと。


桂冠詩人(けいかんしじん)

イギリスで国王から任命され、王室のために慶弔に詩を作ることを義務とした詩人。現在は慶弔に詩を作ることは任意となり、終身年俸が与えられる。詩人としては最高の称号で、大変名誉なこととされる。「桂冠」は、「月桂冠」の略で、月桂樹の枝葉で作った冠のこと。古代ギリシアで英雄やすぐれた詩人に月桂冠を与えたことから。中世イタリアではペトラルカ、近世イギリスではワーズワース、テニアンらがこの称号を受けた。


傾危之士(けいきのし)

詭弁を弄して国を傾け、危うくする者のこと。また、危険人物のこと。


桂宮柏寝(けいきゅうはくしん)

桂の宮殿と柏の居室。美しい宮室のたとえ。「桂」「栢はいずれも香木の名。「寝」は居室、また表座敷。


鶏群一鶴(けいぐんのいっかく)

多くの凡人の中に、一人だけきわだってすぐれた人がいることのたとえ。


荊妻豚児(けいさいとんじ)

自分の妻子のことを謙遜していうことば。


荊山之玉(けいざんのぎょく)

優秀で賢い人のこと。


卿相雲客(けいしょううんかく)

公卿 (くぎょう) と殿上人 (てんじょうびと) 。昇殿を許された官人。


傾城傾国(けいせいけいこく)

絶世の美女のたとえ。また、日本では遊女のこと。 「傾城」は、城を傾けること。「傾国」は、国を傾けること。城を傾け、国を傾けるほどの魅力がある美女という意から。また、「傾城」は、慣用読みで「けいせい」と読み、「けいじょう」は誤り。出典の「一顧すれば人の城を傾け、再顧すれば人の国を傾く」による。


景星鳳凰(けいせいほうおう)

聖人や賢人が世に現れる兆しのこと。 「景星」は、めでたい星。「鳳凰」は、想像上の鳥。中国では古代から、聖天子が世に出ると現れるとされるもの。


蛍雪之功(けいせつのこう)

苦労して勉学に励むこと。


桂殿蘭宮(けいでんらんきゅう)

美しい宮殿のこと。


鶏皮鶴髪(けいひかくはつ)

老人のたとえ。また、年をとって容姿が衰えたさま。


繋風捕影(けいふうほえい)

雲をつかむようなとりとめなくあてにならないたとえ。風をつなぎとめ、影をつかまえる意で、とてもできないことをいう。


刑鞭蒲朽(けいべんほきゅう)

世の中が平和なたとえ。


鶏鳴之助(けいめいのたすけ)

内助の功のたとえ。もと国君に内助の功のある賢夫人があることをいう。


桂林一枝(けいりんのいっし)

人柄が立派ですぐれていることのたとえ。自分の出世を謙遜していうことば。


灰身滅智(けしんめっち)

身も心(智)も無にして悟りに達する境地をいう。小乗仏教の理想の境地。仏教の語。


結縄之政(けつじょうのまつりごと)

古代の政治のこと。


牽衣頓足(けんいとんそく)

非常につらい別れを惜しむことの形容。もと出征する兵士の家族が、兵士の服にすがり引き留め、足をばたばたさせて別れを悲しむ意から。


懸崖撒手(けんがいさっしゅ)

勇気をふるい、思いきって何かをすることのたとえ。


懸河之弁(けんがのべん)

よどみなく、ほとばしるような弁舌のこと。


牽強附会(けんきょうふかい)

自分の都合のいいように、強引に理屈をこじつけること。


剣戟森森(けんげきしんしん)

気性が人をぞっとさせるほど激しくきびしいさま。武器が多く並んでいて、 人をぞっとさせる意から。


捲土重来(けんどちょうらい)

一度敗れた者が、再び勢いを取り戻して巻き返すこと。


犬馬之歯(けんばのよわい)

自分の年齢の謙称。


犬馬之労(けんばのろう)

自分が主人や他人のために力を尽くして働くことを謙遜していう語。犬や馬ほどの働きという意から。


堅牢堅固(けんろうけんご)

守りが非常に堅く、容易に破られたり動じたりしないさま。また、堅くてじょうぶなさま。


懸腕枕腕(けんわんちんわん)

書道の腕法の一。ひじを脇から離し、腕を宙に浮かせるようにして字を書くこと。大きな字を書くのに適する。


撃壌之歌(げきじょうのうた)

天下泰平で、人々が平和で安楽な暮らしを楽しんでいることのたとえ。 「壌」は、地面のことで、「撃壌」は、地面を足で踏みならして拍子をとること。


月卿雲客(げっけいうんかく)

公卿や殿上人のこと。また、高位高官のこと。


元亨利貞(げんこうりてい)

易経で乾(けん)の卦(け)を説明する語。「元」を万物の始、善の長、「亨」を万物の長、「利」を万物の生育、「貞」を万物の成就と解し、天の四徳として春夏秋冬、仁礼義智に配する。


玄裳縞衣(げんしょうこうい)

つるの姿の形容。転じて、つるの異名。黒のはかまと白い上着の意から。


玄圃積玉(げんぽせきぎょく)

美しい文章のたとえ。


彦倫鶴怨(げんりんかくえん)

彦倫が北山から去り、俗人となっては、ツルも恨み悲しむだろうと、孔稚珪(こうちけい)が揶揄したこと。


挙一明三(こいちみょうさん)

賢くて理解が早いことのたとえ。


光陰如箭(こういんじょぜん)

月日のたつのが早いことのたとえ。


光焔万丈(こうえんばんじょう)

文章や議論に勢いがあり、素晴らしいことを意味する。


口角飛沫(こうかくひまつ)

口からつばを飛ばすほどの激しい議論。


膏火自煎(こうかじせん)

財産や才能などがあることで、かえって災いを招くたとえ。


鴻雁哀鳴(こうがんあいめい)

流浪の民が、その苦しさを訴えることのたとえ。


紅顔可憐(こうがんかれん)

時の流れが無常であることのたとえ。


光輝燦然(こうきさんぜん)

鮮やかに美しく光り輝くこと。


綱紀廃弛(こうきはいし)

国の法律や規則がきちんと守られないこと。また社会の規律や秩序が乱れること。


綱挙網疏(こうきょもうそ)

物事の根本をつかむことを大事にして、細かな事についてはこだわらないこと。また、大きな悪事の根本を追及することに専念して、小さな悪事は見逃すこと。


高軒寵過(こうけんちょうか)

貴人(身分の高い人)が訪ねてくること。


鴻鵠之志(こうこくのこころざし)

大人物の志(こころざし)、遠大な志のこと。また、小人物には大人物の志は理解できないことのたとえ。


後顧之憂(こうこのうれい)

立ち去ったあとの心配。残された者への気づかい。


黄裳元吉(こうしょうげんきつ)

忠誠を尽くす家臣が主家に仕えると、必ずよい結果をもたらすということ。


鉤心闘角(こうしんとうかく)

建物が高く並び立ち、びっしりと密集している形容。鉤形にそりかえった屋根が中心に集まり、角のような軒先が隣と争っているようなさま。また、注意して心を配ることのたとえとしても用いる。


口耳之学(こうじのがく)

他人から聞いた学問の内容を、自分でよく理解せずにそのまま人に伝える学問のたとえ。


鉤縄規矩(こうじょうきく)

物事や行為の標準・基準になるもののこと。物事の手本。 きまりのこと。


黄塵万丈(こうじんばんじょう)

強い風のために、土煙や砂ぼこりが空高くまで舞い上がるさま。


浩然之気(こうぜんのき)

何ものにもとらわれないのびのびとした気持ち。


宏大無辺(こうだいむへん)

果てがないように思われるほど広々としているさま。

孝悌忠信(こうていちゅうしん)

真心を尽くして、目上の人によく仕えること。


侯覇臥轍(こうはがてつ)

立派な人の留任を希望して引き留めること。


黄髪番番(こうはつはは)

白髪が黄色味をおびるようになった老人のこと。知識や経験の深い老人のことをいう言葉。


香美脆味(こうびぜいみ)

豪華で贅沢なすばらしい食事のこと。


紅粉青蛾(こうふんせいが)

美人のこと。また、美しい化粧。


高鳳漂麦(こうほうひょうばく)

学問に熱心なたとえ。


黄茅白葦(こうぼうはくい)

黄色のちがやと白のあし。やせた土地の形容。


孔明臥竜(こうめいがりょう)

まだ世に知られていないすぐれた人物のこと。


紅毛碧眼(こうもうへきがん)

西洋人のこと。


孔孟老荘(こうもうろうそう)

古代中国の四人の思想家、孔子、孟子、老子、荘子のことをいう。またその教え。


鴻門玉斗(こうもんのぎょくと)

漢の高祖劉邦が、鴻門で楚の項羽の家臣である范増に贈った玉製のひしゃくのこと。


衡陽雁断(こうようがんだん)

音信が絶えることのたとえ。


光禄池台(こうろくのちだい)

りっぱな邸宅のこと。


甲論乙駁(こうろんおつばく)

いろいろな意見が出たり、お互いがあれこれ主張して意見がまとまらないこと。


孤雲野鶴(こうんやかく)

世俗から遠ざかった隠者のたとえ。名利を捨て、世俗から遠ざかった生き方。


狐仮虎威(こかこい)

権力や権威のある者の威力を借りて、自分勝手に振る舞うたとえ。また、有力者の威力をかさに着て、勝手に振る舞う者のたとえ。「狐、虎の威を仮る」とも読み、「虎の威を借る狐」という形で使うことが多い言葉。


鵠面鳥形(こくめんちょうけい)

飢え疲れて痩せ衰えているさま。


股肱之臣(ここうのしん)

君主の手足となり補佐する大臣。また、そのような部下のこと。


狐死首丘(こししゅきゅう)

故郷を忘れないことのたとえ。また、物事の根本を忘れないことのたとえ。「狐死して丘に首す」とも読む。


古色蒼然(こしょくそうぜん)

ひどく古びた様子をいう言葉。いかにも古めかしいさま。また、古めかしく趣のある様。


胡孫入袋(こそんにゅうたい)

官職につくなどして自由を奪われるたとえ。また、自由にものごとができないたとえ。


胡蝶之夢(こちょうのゆめ)

夢か現実かはっきりわからないさま。また、人の世がはかないこと、人生がはかないことのたとえ。


国君含垢(こっくんがんこう)

君主が恥を忍ぶこと。また、君主たるものは臣下のあやまちなどは大目にみてやる度量が必要であるということのたとえ。


胡馬北風(こばほくふう)

故郷を懐かしむことのたとえ。また、望郷の念にかられること。


枯木寒巌(こぼくかんがん)

世俗に超然とした悟りの境地のたとえ。枯れた木と冷たい岩の意から。


枯木竜吟(こぼくりょうぎん)

苦境を脱して生を得るたとえ。また、生命力を回復するたとえ。


狐狸妖怪(こりようかい)

人を騙したり、恐れさせたりする悪事を働く怪しげな化け物のこと。または、こそこそと人知れず、人をだまして悪事を働くもののこと。


金剛不壊(こんごうふえ)

きわめて堅く、決して壊れないこと。または、非常に意志がかたく、決して変えないこと。


今昔之感(こんじゃくのかん)

今と昔を思い比べて、時世や境遇の大きな変化をしみじみと感じる気持ち。


剛毅果断(ごうきかだん)

意思が強く、物事を思い切ってやること。


剛毅直諒(ごうきちょくりょう)

意志が強く、正直で誠実なこと。また、そのさま。


五陰盛苦(ごおんじょうく)

人間の心身を形成する五つの要素から生じる苦痛のこと。


呉下阿蒙(ごかのあもう)

いっこうに進歩のない昔のままの人のこと。また、無学なもののたとえ。


五穀豊穣(ごこくほうじょう)

穀物が豊かに実ること。豊かに実ることを願っていうことが多い。


後生菩提(ごしょうぼだい)

来世に極楽往生して悟りをひらくこと。仏教の語。


五濁悪世(ごじょくあくせ)

末世。末法の世。五つの汚れに満ちた悪い世のこと。


梧鼠之技(ごそのぎ)

専門のないことのたとえ。多くの技があっても十分に熟達したものでなければ結局役に立つことがない、また、わざは多く持っているが、一つとして役立つ技能がないこと。


梧桐一葉(ごどういちよう)

物事が衰える兆しのこと。


欣求浄土(ごんぐじょうど)

死後、極楽浄土へ行けるよう願い求めること。極楽浄土に往生することを心から願い求めること。


言語道断(ごんごどうだん)

言葉では表せないほどのひどいこと。もってのほか。

【スポンサーリンク】

「さ行」漢検準1級の四字熟語一覧

採菓汲水(さいかきっすい)

厳しい仏道修行をすること。


歳寒松柏(さいかんしょうはく)

逆境や苦難の時にあっても、志や節操を失わないこと。冬の厳しい寒さにも、松や柏が緑の葉をつけているという意から。


歳寒松柏(さいかんのしょうはく)

逆境や苦難の時にあっても、志や節操を失わないこと。冬の厳しい寒さにも、松や柏が緑の葉をつけているという意から。


採薪汲水(さいしんきゅうすい)

自然に囲まれた環境で質素に暮らすこと。


採薪之憂(さいしんのうれい)

自分が病気を患っていることを謙遜していう言葉。


左支右吾(さしゆうご)

あれこれと手を尽くして逃れたり、言い逃れをしたりすること。


三顧之礼(さんこのれい)

真心から礼儀を尽くして、すぐれた人材を招くこと。また、目上の人が、ある人物を信任して手厚く迎えること。


三枝之礼(さんしのれい)

親に対して礼儀と孝行を重んじること。


三者鼎談(さんしゃていだん)

三人が向かい合って話をすること。また、その話


三者鼎立(さんしゃていりつ)

互角の勢力を持つ三者が、並び存立していること。また、張り合って争うこと。
三つどもえ。


三十而立(さんじゅうじりつ)

三十歳で学識や道義上の自信を得て思想が確立すること。孔子がみずからの一生を回顧して述べた語。


三牲之養(さんせいのよう)


三尺童子(さんせきのどうじ)

子どものことで、だいたい七~八歳の子。成人に比して「小さな子どもでさえ」という意味も持つ。


山藪蔵疾(さんそうぞうしつ)

大事をなす大人物は多少欠点はあってもあらゆる人を包み込む器量があるということのたとえ。また、立派ですぐれたものにも、多少の欠点はあるものだということ。


三諦円融(さんだいえんにゅう)


参天弐地(さんてんじち)

天や地と同じくらい大きな徳を積むこと。天地に匹敵するほどの気高い徳があること。


山濤識量(さんとうしきりょう)

すぐれた識見や器量をもつ人のたとえ。


三分鼎足(さんぶんていそく)

鼎の足のように天下を三分して三つの国が並び立つこと。


山礪河帯(さんれいかたい)


坐臥行歩(ざがこうほ)

立ち居振る舞いをいう。座ったり、寝たり、歩いたりする。


坐作進退(ざさしんたい)

立ち居振る舞いのこと。日常の動作。座る、立つ、進む、退くの意から。


座薪懸胆(ざしんけんたん)

将来の成功や活躍のために、苦労をいとわず、つらい生活をじっと耐え忍ぶ意。つらい生活を耐えることで、敵愾心や闘志をかきたてること。


斬衰斉衰(ざんさいしさい)

喪服の種類。


残息奄奄(ざんそくえんえん)

息も絶え絶えで、今にも死にそうなこと。いまにも滅びそうな苦しいさま。


紫幹翠葉(しかんすいよう)

山の木々がみずみずしく美しいさま。


只管打坐(しかんたざ)

余念を交えず、ただひたすら座禅すること。


史魚屍諫(しぎょしかん)

史魚のように、自らの亡骸によって主君をいさめること。


四弘誓願(しぐぜいがん)

すべての仏や菩薩のもつ四つの願い。衆生無辺誓願度、煩悩無量誓願断、法門無尽誓願学、仏道無上誓願成。


屍山血河(しざんけつが)

非常に激しい戦闘のたとえ。


獅子身中(しししんちゅう)

内部の者でありながら、害を及ぼす者のこと。また、恩を受けていながら裏切って害悪をなす者のこと。もとは、仏の弟子でありながら仏教に害をなす者をさす。獅子の体内に寄生する小さな虫が、獅子を死なせてしまうことがあるということから。


獅子奮迅(ししふんじん)

獅子が奮い立って、猛進するような激しい勢い。またそのうような猛烈な勢いで活動することをいう。


梓匠輪輿(ししょうりんよ)

大工と家具職人や車台・車輪を作る職人。


死屍累累(ししるいるい)

数多くの死体が折り重なって転がっている様子。


自然淘汰(しぜんとうた)

自然界で、生態的な条件や環境などにより、上手く適合するものは生存を続け、そうでない劣勢のものは自然に滅びていくこと。転じて、長い間には劣悪なものは滅び、優良なものだけが自然に生き残るという意味。


四塞之国(しそくのくに)

四方を山や川に囲まれて攻めにくく守りやすい要害の国をいう。


七十古稀(しちじゅうこき)

七十歳の高齢まで生きられるのは古来より稀である。


七顛八倒(しちてんばっとう)


七堂伽藍(しちどうがらん)

七つの堂のそろった寺。


七歩之才(しちほのさい)

すぐれた詩文をすばやく作る才能。「七歩」は七歩歩くこと。
中国三国時代、魏の曹丕・曹植の兄弟はともに詩才に恵まれていた。父曹操の死後、即位して文帝となった曹丕は弟の才能をねたんで迫害し、あるとき曹植に「七歩歩く間に詩を一首作れ。できなければ殺す」と言った。これを聞いた曹植は「私は豆で、あなたは豆殻。豆と豆殻は同じ根から生まれたのに、豆殻は火となって釜の中の豆を煮て苦しめる。兄弟なのにどうして苦しめるのですか。」という詩を作った。これを見た曹丕は深く恥じたという故事から。


七歩八叉(しちほはっさ)

詩文を作るすぐれた才能。七歩あるく間に詩を作り、八たび手を腕組みする間に賦を作るという意味。


悉皆成仏(しっかいじょうぶつ)

生きとし生ける一切の有情のものが、すべて成仏すること。


漆身呑炭(しっしんどんたん)

仇討ちのために、さまざまな苦労をすること。


疾風怒濤(しっぷうどとう)

時代や社会の状況が激しく変化することのたとえ。
時代や事態が激しく変化するさまのたとえ。


紫電一閃(しでんいっせん)

一瞬や極めて短い時間のこと。
きわめて短い時間のたとえ。
事態の急激な変化の形容。
わずかな時間での急な変化のこと。


資弁捷疾(しべんしょうしつ)

生まれつき弁舌が巧みで、行動がすばやいこと。


子墨客卿(しぼくかくけい)

詩文を作る人。文人。


七五三縄(しめなわ)

神前や神事の場所に張る縄。鳥居や神殿に飾ったり、神域を区別するために用いたりする。


四面楚歌(しめんそか)

周りを敵に囲まれて苦しい立場に陥ったこと
誰の助けもなく孤立すること


社燕秋鴻(しゃえんしゅうこう)

出会ったかと思うとまたすぐ別れることのたとえ。


釈根灌枝(しゃくこんかんし)

大切でない部分に心を奪われて、物事の根本を忘れること。また、本質的な原因を探求しないで結果だけを問題にすること。


杓子果報(しゃくしかほう)

運に恵まれること。


杓子定規(しゃくしじょうぎ)

すべてに一つの基準や感覚を当てはめて判断・処理しようとする応用や融通の利かないやり方、態度。応用、融通のきかない考え方、方法論。


車水馬竜(しゃすいばりょう)

車馬の往来のにぎやかなさま。非常ににぎわっているさま。


周章狼狽(しゅうしょうろうばい)

大いにあわてること。非常にあわてうろたえること。


終南捷径(しゅうなんしょうけい)

終南山には仕官への近道がある。また、正規の段階をふむことなく官職につく法をいう。終南山に隠居して隠者のふりをすると名を世に知られ士官の道が得やすいという意味。


秋風索莫(しゅうふうさくばく)

秋風が吹いて、ものさみしい様子のこと。
盛んだった物事の勢いが衰えて、ものさみしいことのたとえ。


秋風落莫(しゅうふうらくばく)

勢いが衰えてものさびしいさま。秋風がものさびしく吹くさま。


衆妙之門(しゅうみょうのもん)

万物の出てくる根源。


夙興夜寝(しゅくこうやしん)

朝は早く起き、夜は遅く寝て、日夜、職務に精励すること。


輸攻墨守(しゅこうぼくしゅ)

攻める方も守る方も知略を尽くすたとえ。公輸般(盤ともいう)が強く攻め墨子が固く守るという意味。「輸」は魯国の名工で城を攻める兵器の雲梯(雲まで届くはしご)を作った。「公輸」は号で、呼び名は別に「魯般」「魯班」ともいう。「墨」は諸子百家の一人墨翟のこと。「墨守」という語は墨翟が城を固く守った故事から、固く守ること。


守株待兎(しゅしゅたいと)

いたずらに古い習慣やしきたりにとらわれて、融通がきかないたとえ。また、偶然の幸運をあてにする愚かさのたとえ。木の切り株を見守って兎を待つ意から。


首鼠両端(しゅそりょうたん)

ぐずぐずしていて、どちらか一方に決められないことのたとえ。
また、形勢をうかがって心を決めかねていること。日和見(ひよりみ)。


出谷遷喬(しゅっこくせんきょう)

出世すること。


出藍之誉(しゅつらんのほまれ)


酒嚢飯袋(しゅのうはんたい)

無知無能の人。


珠聯璧合(しゅれんへきごう)

りっぱな才能のある人々が集まるたとえ。転じて、新婚を祝う語として用いられる。


株連蔓引(しゅれんまんいん)

株やつるがつらなっているように、関係した者が残らず罰せられること。


春蛙秋蝉(しゅんあしゅうぜん)

無用の言論。


舜日尭年(しゅんじつぎょうねん)


駿足長阪(しゅんそくちょうはん)

すぐれた人物が、困難を恐れずに自分の才能を試してみたいと思うこと。


小家碧玉(しょうかへきぎょく)

貧しい家庭に育った美しい娘のこと。また、とるにたらないような家の大事な宝物のこと。


小人之勇(しょうじんのゆう)

思慮の浅い人の、ただ血気にはやる勇気。


消息盈虚(しょうそくえいきょ)

移ろい行く時間の流れ。生と死や盛衰が繰り返されて変化し続けていくこと。時の移り変わり。


掌中之珠(しょうちゅうのたま)

自分のいちばん大事なたからもの。手の中に握りしめている大切な珠玉という意味。最愛の妻や子どもをさす場合が多い。


松柏之寿(しょうはくのじゅ)

長生き。長寿を祝うことば。また、節度を守って変わらないこともいう。松や柏の木が、いつも緑の葉を保ち、樹齢が長いことから。


賞罰之柄(しょうばつのへい)

賞罰を行う権力のこと。


焦眉之急(しょうびのきゅう)

危険や急用が切迫している事態のこと、またその度合いを強調していう。眉が焦げるほど火の勢いが迫ってきて危険であるという意味。緊急事態。


蕉風俳諧(しょうふうはいかい)

松尾芭蕉とその一派の俳風。言葉の面白みより、言外の余情を重んじ、さび・しおりなどの新しい意意識に基づく作風を起こし、俳諧を芸術的に大成した。


昭穆倫序(しょうぼくりんじょ)

先祖の霊を祀っている宗廟の順番に決まりがあるということ。


鐘鳴鼎食(しょうめいていしょく)

富貴の人の生活。


笑面夜叉(しょうめんやしゃ)

顔は笑っていても心の底に一物あること。陰険な人や裏表のある人にいう。


杵臼之交(しょきゅうのまじわり)

身分にこだわらない交際。主人と使用人との身分の違いを超えた交際。


処女脱兎(しょじょだっと)

始めはたいしたことのないように見せかけて、後には見違えるほどの力を発揮するたとえ。始めは少女のようにしとやかに弱々しくみせかけて相手を油断させ、後にはうさぎのような突進で圧倒する変化の妙を示す兵法。


黍離之歎(しょりのたん)

祖国が滅亡したことを嘆くこと。東周の大夫が西周の宮殿に黍が生い茂っているのを見て嘆いた「黍離」という詩から。


支葉碩茂(しようせきも)

支族まで繁栄する。本家はもとより分家まで栄えること。


芝蘭玉樹(しらんぎょくじゅ)

すぐれた人材。すぐれた子弟。また、すぐれた人材を輩出すること。


芝蘭結契(しらんけっけい)

美しくうるわしい交際。君子や善人などすぐれた人の交際にいう。


芝蘭之室(しらんのしつ)

善人(良き友)のたとえ。


芝蘭之交(しらんのまじわり)

美しくうるわしい交際。君子や善人などすぐれた人の交際にいう。


指鹿為馬(しろくいば)

道理の通らないことを無理に押し通すこと。また、間違いを認めず押し通すこと。鹿を指差し馬とするという意味。


辛苦遭逢(しんくそうほう)

ひどい困難や苦しみにであうこと。


神工鬼斧(しんこうきふ)

人間わざとは思えないほどすぐれた細工や作品のこと。


参差錯落(しんしさくらく)

ふぞろいな物が入り混じっている様。


参商之隔(しんしょうのへだて)

遠く離れて会うことのないたとえ。また夫婦や兄弟の別離や仲たがいのたとえ。


薪水之労(しんすいのろう)

人に仕えて骨身を惜しまず働くこと。また、たきぎをとったり水を汲んだりするというような日常の雑事を指す場合もある。


時雨之化(じうのか)

いつくしみ深い君主の教化が及ぶことのたとえ。有徳者や聖人の教えが、人民に広がっていくこと。


慈烏反哺(じうはんぽ)

子が親の恩に報いて孝養を尽くすこと。親孝行のたとえ。情け深いからすが幼いときの恩を忘れず、老いた親に口移しで餌を与える意から。


持盈保泰(じえいほたい)

満ち足りて安らかな状態を長く保つこと。富や地位を守るには慎重に行動して災いを招かないようにすることをいう。


自家撞着(じかどうちゃく)

同じ人の言動や文章などが前後で矛盾していること。自分で自分の言行に反することをすること。


爾雅温文(じがおんぶん)


而今而後(じこんじご)

今からのち。これから。今この瞬間から先の未来を指す言葉。


日月星辰(じつげつせいしん)

太陽や月、星などの天体が交わるところ。天空。空。


自然法爾(じねんほうに)

少しも人為的な力が加わらないあるがままの姿であること。


慈悲忍辱(じひにんにく)

いつくしみの心が深く、どんな苦難も耐えしのぶこと。仏教語で、僧として必ず守るべき道をいう。


獣蹄鳥跡(じゅうていちょうせき)

世の中が乱れてけものや鳥が横行すること。


儒林棟梁(じゅりんのとうりょう)

儒学者の世界で、重任にある人のこと。


純真無垢(じゅんしんむく)

心にけがれや偽りがなく、純粋で清らかなこと。
自然のままで、飾り気がないこと。


純情可憐(じゅんじょうかれん)

純粋で邪心がなくて、清らかで愛らしいこと。


醇風美俗(じゅんぷうびぞく)

人情が厚くうるわしい風俗や習慣。


冗員淘汰(じょういんとうた)

官庁などで無駄な人員を整理すること。


上求菩提(じょうぐぼだい)

菩薩が上に向かって悟りの道を求めること。菩薩が行う自利の行。


城狐社鼠(じょうこしゃそ)

君主や権力者の陰に隠れて、悪事を働く人のこと。


情緒纏綿(じょうしょてんめん)


常住坐臥(じょうじゅうざが)

日常、座っているときでも寝ているときでも、いつも。ふだんの生活で。四六時中。


常套手段(じょうとうしゅだん)

同じような場合に、いつも決まって取られる手段のこと。
また、ありふれた方法や手段のこと。


乗輿車駕(じょうよしゃが)

天子の乗る車。天子の使う物。転じて、天子のこと。


乗輿播越(じょうよはえつ)

天子が都を落ち延びて他国をさすらうこと。


常鱗凡介(じょうりんぼんかい)

ごくありふれた人のたとえ。普通の魚やごくありふれた貝類。


上漏下湿(じょうろうかしゅう)

貧乏なあばら家のさま。屋根からは雨が漏り、床からは湿気が上がってくるという意味。


人為淘汰(じんいとうた)

動植物の遺伝・突然変異を利用して人工的に優秀な新種を作ること。バイオテクノロジー。動植物は自然淘汰が自然の法則であるが、バイオテクノロジーは人為的に淘汰を行う。


人主逆鱗(じんしゅのげきりん)

君主や権力者のひどい怒りを買うことのたとえ。


水魚之交(すいぎょのまじわり)

離れることができない、親密な間柄や交際のたとえ。水と魚のように切っても切れない親しい関係をいう。君主と臣下、また、夫婦の仲がよいことなどについても用いる。


翠色冷光(すいしょくれいこう)

冷ややかな青い光の形容。また、月の光の形容。


水滴石穿(すいてきせきせん)

わずかな力でも積み重なると非常に大きな力を発揮すること。


水天一碧(すいてんいっぺき)

空と海とがともに青々としてただ一色に連なり、区別がつかないさま。


水到渠成(すいとうきょせい)

学問をきわめると自然に徳もそなわるということ。また、物事は時期がくれば自然に成就するということ。


推本溯源(すいほんそげん)

物事の根本を究め求めること。


趨炎附熱(すうえんふねつ)

時の権力のある者につき従うこと。


寸指測淵(すんしそくえん)

愚かなこと。また、不可能なこと。


随侯之珠(ずいこうのたま)

貴重な宝玉、天下の至宝をいう。中国春秋時代、諸侯の随候が傷ついた大蛇を助け、そのお礼に大蛇がくわえてきたという宝玉のこと。


随珠弾雀(ずいしゅだんじゃく)

使い方や使うものが適切ではないこと。または、利益が少なく損失が多いこと。


杜撰脱漏(ずさんだつろう)

粗末で誤りの多いこと。ぞんざいで誤脱も多いこと。


青雲之志(せいうんのこころざし)

徳をみがいて立派な人物になろうとする志。また、立身出世しようとする功名心。


精衛填海(せいえいてんかい)

不可能なことを企て、徒労に終わること。また、いつまでも悔やみ続けること。


斉駆並駕(せいくへいが)

力や能力に差がないこと。


西施捧心(せいしほうしん)

病に悩む美女のようす。また、同じ行いでも人によって場合によって善悪の差が生まれるたとえ。


西狩獲麟(せいしゅかくりん)

魯の哀公十四年、西方に狩りに行って麒麟を得た故事。


西戎東夷(せいじゅうとうい)

西方と東方の異民族。また異民族の総称。えびす。異民族を卑しんでいう語。


清浄無垢(せいじょうむく)

清らかで汚れのないこと。また仏教の語では心が清らかで煩悩がないこと。


盛粧麗服(せいそうれいふく)

盛んによそおい美しい服を着る。十分に化粧をして美麗な服を身につけるという意味。


清濁併呑(せいだくへいどん)

度量の広いこと、包容力の大きいこと。度量が広く包容力の大きいたとえ。
善も悪も分け隔てなく受け入れること。
賢人と愚人、どちらも差別しないで受け入れてしまう、度量の大きい人物を評するときに用いる。


井底之蛙(せいていのあ)

知識や考えが狭くて、他にもっと広い世界のあることを知らない者をあざけっていう語。井蛙(せいあ)。井の中の蛙(かわず)。


生呑活剥(せいどんかっぱく)

他人の詩文などをそっくり盗用すること。また、他人の言葉や考えを鵜呑みにして受け売りするだけで、独自性・創造性のないことのたとえ。「生呑」は生きたまま丸のみすること。「活剥」は生きたまま皮などを剥はぎとること。「活剥生呑」ともいう。


碩学大儒(せきがくたいじゅ)

学問の奥義をきわめた大学者のこと。


尺山寸水(せきざんすんすい)

高い山から見下ろす景観。


碩師名人(せきしめいじん)

宋濂の文より。大学者や名声の高い人。大いなる徳を備えた人や声望のある人。


積薪之嘆(せきしんのたん)

後から来た者が重用され、以前からいる者が下積みの苦労をする悩みのこと。


積水成淵(せきすいせいえん)

小さなものでもたくさん集まれば大きな力になるということ。また、努力を重ねれば物事が成就するということ。


尺寸之功(せきすんのこう)

わずかな功績。


尺寸之地(せきすんのち)

ほんの少しの土地。


尺寸之柄(せきすんのへい)

わずかの権力。


刺草之臣(せきそうのしん)

一般の人民。


尺短寸長(せきたんすんちょう)

どんなにすぐれた人にも短所があり、どんなに劣った人にも長所があるということ。


尺璧非宝(せきへきひほう)

時間は何よりも貴重であるということ。


折衝禦侮(せっしょうぎょぶ)

武勇によって敵をくじき、敵の侮りを防ぎとめ恐れさせる。


雪中松柏(せっちゅうのしょうはく)

志や節操が固いことのたとえ。


窃位素餐(せついそさん)

ある地位にいて職責を果たさずにむだに録をもらっていること。


切切偲偲(せつせつしし)

ねんごろに事こまかく善をすすめて、励ますこと。


雪泥鴻爪(せつでいのこうそう)

人間の行為など一時的ではかないものであることのたとえ。


旋乾転坤(せんけんてんこん)

国の政局を一新すること。


先見之明(せんけんのめい)

将来を見通す聡明さ。将来にある事態が起こることを前もって見通す眼力のこと。


先庚後庚(せんこうこうこう)

物事を過ちのないようにていねいにすること。物事を変更する場合には、その前後にていねいに説明すること。


千錯万綜(せんさくばんそう)

さまざまに入り交じることこと。


千射万箭(せんしゃばんせん)

弓道で射手の心構えを説いた語。弓を射る場合は常に、千本、万本の矢を射る場合でも、あとの矢をたのむことなしに、今射る一本の矢をおろそかにしてはならないということ。「千射」は千本の矢を射ること。「万箭」は万本の矢。


千乗之国(せんじょうのくに)

兵車千台を出すことのできる諸侯の国。


川上之歎(せんじょうのたん)

時間が過ぎ去ることへの嘆き。


栴檀双葉(せんだんのふたば)

偉大な人物は小さい時からすぐれているということ。


千成瓢箪(せんなりびょうたん)

豊臣秀吉の馬印。


穿壁引光(せんぺきいんこう)

苦学のたとえ。貧困にもかかわらず、熱心に学問に励むこと。


千篇一律(せんぺんいちりつ)

作られた多くの文章や芸術作品などが、どれも同じ調子や体裁で変わりばえのしないこと。転じて、どのようなことでも機械的に一つのマニュアルに従って処理して、融通がきかないこと。また、平凡で何の特徴もないこと。「千篇」は数多くの詩文のこと。「一律」はすべて同じ調子で変化がないこと。「篇」は「編」とも書く。


千里命駕(せんりめいが)

はるかな遠方からおいでになること。


是耶非耶(ぜかひか)

善悪の判断に迷うこと。


是非之心(ぜひのこころ)

物事の是と非を正しく判別できる能力。よいことをよいとし悪いことを悪いと分別することのできる心。


善巧方便(ぜんぎょうほうべん)

機に応じた方法にきわめて巧みなこと。また、その方法。


前虎後狼(ぜんここうろう)

一つの災いを逃れても、またもう一つの災いが襲ってくることのたとえ。


前車覆轍(ぜんしゃのふくてつ)

先人の失敗は、後の人の戒めになるということ。


前途遼遠(ぜんとりょうえん)

目的達成までの道のりや時間が、まだ長く残っているさま。今後の道のりがまだ遠くて困難なさま。「前途」は将来、目標までの今後の道のり。「途」は道のりのこと。「遼遠」ははるかに遠いさま。「遼」は道が延々と長く続いている意。


全豹一斑(ぜんぴょういっぱん)

もののごく一部を見て、全体を推測したり批評したりすることのたとえ。見識がきわめて狭いことのたとえ。「一斑」は豹の斑点の一つ。「全豹」は豹全体。転じて、物事の全容のこと。狭い管から豹をのぞき、見えた一つの斑点から豹全体を類推するという意。


前狼後虎(ぜんろうこうこ)

つぎつぎと災難・危害におそわれるたとえ。


総角之好(そうかくのよしみ)

幼な友達との交わり。幼いころからの親友。


喪家之狗(そうかのいぬ)

元気がなく、やつれている人。


僧伽藍摩(そうぎゃらんま)

寺院の建物の総称。寺院の意味。


痩躯長身(そうくちょうしん)

背が高く、痩せていること。


蒼狗白衣(そうくはくい)

世の変化の速いたとえ。


叢軽折軸(そうけいせつじく)

小さなものでもたくさん集まると大きな力になるということ。


糟糠之妻(そうこうのつま)

貧しいときから一緒に苦労を重ねてきた妻。


桑弧蓬矢(そうこほうし)

男子が志を立てること。


荘周之夢(そうしゅうのゆめ)

万物一体観に立つ人の心境・境地。また、人生のはかないことのたとえ。


壮士凌雲(そうしりょううん)

俗世間を遠く超越したいと願う高尚なこころざし。また、志気盛んに大いに飛躍しようとするこころざし。


曾参殺人(そうしんさつじん)

誤ったうわさも多くの人が口にしているうちに誰でも信じるようになるたとえ。


曾参歌声(そうしんのかせい)

貧しくても高潔で私欲にとらわれないことのたとえ。


甑塵釜魚(そうじんふぎょ)

とても貧しいことのたとえ。


蒼然暮色(そうぜんぼしょく)

夕暮れどきの、あたりが薄暗くなっている様子。


桑田碧海(そうでんへきかい)

世の中の変化が激しいこと。


桑蓬之志(そうほうのこころざし)

男子が志を立てること。


草茅危言(そうぼうきげん)

民間人の国政に対するきびしい批判の声。


聡明叡知(そうめいえいち)

聖人のもつ四つの徳のこと。転じて、生まれつき才能があり、賢くて先々まで見通せること。物事に通暁していて、すぐれた才知があること。


草木禽獣(そうもくきんじゅう)

地に生きるすべてのもの。


楚越同舟(そえつどうしゅう)

仲の悪い者どうしが、同じ場所や境遇にいること。もとは、反目しあいながらも利害が一致するときには協力しあうという意味。


楚材晋用(そざいしんよう)

ある部所の人材をほかの部所でうまく重用すること。また、自国の人材が他の国に登用され流出すること。


楚囚南冠(そしゅうなんかん)

捕らわれの身になっても故国を忘れないこと。また、捕らわれて他国にある者のこと。


粗酒粗餐(そしゅそさん)

安物の酒と粗末な食事のこと。客に出す料理や酒を謙遜していうことば。


鼠窃狗盗(そせつくとう)

こそどろのたとえ。


率土之浜(そっとのひん)

国中。全国。


素波銀濤(そはぎんとう)

白い波。また白い雲やもやのたとえ。


楚夢雨雲(そむううん)

男女が情を交わすこと。


象箸玉杯(ぞうちょぎょくはい)

ぜいたくな生活をすること。


粟散辺地(ぞくさんへんち)

粟粒の散らばったような世界の果ての小さな国。特に中国などから見て日本をいう語。

【スポンサーリンク】

「た行」漢検準1級の四字熟語一覧

太液芙蓉(たいえきのふよう)

美人のこと。


泰山鴻毛(たいざんこうもう)

へだたりの甚だしいことのたとえ。きわめて重いものときわめて軽いもの。重さがまったく違うこと。


泰山之安(たいざんのやすき)

泰山のように、どっしりと安定して揺るぎのないこと。


泰山梁木(たいざんりょうぼく)

賢人のこと。


大名鼎鼎(たいめいていてい)

名声が世に響きわたっていること。


太牢滋味(たいろうのじみ)

豪華なご馳走のたとえ。


他山之石(たざんのいし)

自分の反省になる他人のまちがった言動。


多士済済(たしせいせい)

すぐれた人物が数多くいること。また、そのさま。


多生之縁(たしょうのえん)

多くの生を経て結ばれている因縁。


短褐穿結(たんかつせんけつ)

貧者や卑しい人の着物。


箪食瓢飲(たんしひょういん)

清貧に甘んじるたとえ。


耽美主義(たんびしゅぎ)

人生の目的を理性よりも美におき、官能・感覚を重視する芸術上の態度。


探卵之患(たんらんのうれい)

自分の拠点をおそわれることへの恐れ。


大智如愚(だいちじょぐ)

すぐれて知恵のある賢者は、人前で自分の才能をひけらかすことがないから、ちょっと見たところ愚者のように見えるということ。


大智不智(だいちふち)

本当にすぐれた知者はそれをあらわにせず一見無知のように見えるということ。


弾丸之地(だんがんのち)

きわめて狭い土地のこと。


断機之戒(だんきのいましめ)

学問は中途で放棄してしまっては何にもならないという教え。


断金之交(だんきんのまじわり)

非常に強い友情で結ばれていること。


徴羽之操(ちうのそう)

正しい音楽のこと。


知己朋友(ちきほうゆう)


竹頭木屑(ちくとうぼくせつ)

役に立たないもののたとえ。また、細かなもの、つまらないものでも役立つことがあるのでおろそかにしないこと。


竹馬之友(ちくばのとも)

幼友達のこと。幼いころ竹馬に乗って、一緒に遊んだ友達の意。


智者一失(ちしゃのいっしつ)

どんなに知恵がある人でも、時には過失があるということ。


置錐之地(ちすいのち)

とがった錐の先をやっと突き立てることができるほどの狭い土地。わずかな空間。


智謀浅短(ちぼうせんたん)

知恵や計画があさはかなこと。短慮なこと。


遅暮之嘆(ちぼのたん)

しだいに年をとっていくわが身を嘆くこと。


中原逐鹿(ちゅうげんちくろく)

群雄が割拠して天子の位を争いあうこと。また、ある地位をねらって競争するという意味にも用いる。


中原之鹿(ちゅうげんのしか)

群雄が割拠して天子の位を争いあうこと。また、ある地位をねらって競争する意味にも用いる。


中流砥柱(ちゅうりゅうのしちゅう)

困難にあってもびくともせず、節義を曲げない人物のたとえ。


沖和之気(ちゅうわのき)

天地間の調和した気のこと。


智勇兼備(ちゆうけんび)


寵愛一身(ちょうあいいっしん)

多くの人の中から特別に目をかけられ、愛情を一人占めにすること。


朝盈夕虚(ちょうえいせききょ)

人生のはかないことのたとえ。


朝歌夜絃(ちょうかやげん)


張冠李戴(ちょうかんりたい)

名と実が一致しないこと。


兆載永劫(ちょうさいようごう)

きわめて長い年月のこと。


張三李四(ちょうさんりし)

ありふれた平凡な人のたとえ。
どこにでもいるような普通の人のこと。
一般大衆。
ありふれていてつまらないもののこと。


長身痩躯(ちょうしんそうく)

身長が高く、痩せた体つきをしている男性のこと。
背丈が高く痩せた体。


朝秦暮楚(ちょうしんぼそ)

住所が定まらず放浪することのたとえ。また、節操なく主義主張が常に変わるたとえ。


朝穿暮塞(ちょうせんぼそく)

建築・造営が頻繁であることのたとえ。


打打発止(ちょうちょうはっし)


長枕大被(ちょうちんたいひ)

兄弟の仲むつまじいこと。また、交情が親密なこと。大きな夜着と長いまくら。寝具。


長汀曲浦(ちょうていきょくほ)

長く続く海岸。
曲がりくねりながらずっと続いている海辺や海岸線のこと。


凋氷画脂(ちょうひょうがし)

苦労して効果のないたとえ。力を無用なところに用いるたとえ。


長鞭馬腹(ちょうべんばふく)

強大な力があっても、思わぬ手近なところに力が及ばないことがあるということ。また、長すぎたり大きすぎて役に立たないこと。


鳥面鵠形(ちょうめんこくけい)

飢えのためにひどくやせ衰えているさま。


長夜之飲(ちょうやのいん)

昼夜を通しての大宴会。夜が明けても窓や戸を閉じて灯をともし続けて酒宴を張ること。


長夜之楽(ちょうやのたのしみ)

昼夜を通しての大宴会。夜が明けても窓や戸を閉じて灯をともし続けて酒宴を張ること。


長幼之序(ちょうようのじょ)

年功者と年少者の間にある、当然守らなければならない社会的、道徳上の秩序のこと。


朝蠅暮蚊(ちょうようぼぶん)

つまらない小人物がはびこるたとえ。


重卵之危(ちょうらんのき)

きわめて危険なことのたとえ。


凋零磨滅(ちょうれいまめつ)

しぼみ落ちて滅びること。文物などが滅びなくなることにいう。


直言極諫(ちょくげんきょっかん)

思ったことをはっきり言って強くいさめること。


猪突猛進(ちょとつもうしん)

周囲の人のことや状況を考えずに、一つのことに向かって猛烈な勢いで突き進むこと。


沈魚落雁(ちんぎょらくがん)

魚や雁も恥じらって、身を隠すほどの美人。


椿萱並茂(ちんけんへいも)

父と母がどちらも健在なこと。


沈著痛快(ちんちゃくつうかい)

落ち着きがあり、さっぱりとして心地よいこと。人の性質や芸術作品についていう語。


珍味佳肴(ちんみかこう)

めったに食べられない、たいへんおいしいごちそう。「珍味」は珍しくおいしい食べ物、「佳肴」はうまいさかなの意味。


通暁暢達(つうぎょうちょうたつ)

ある事柄を詳しく知りぬいていてのびやかであること。ある事柄について奥深く通じているので文章や言語がのびのびして意味がわかりやすいこと。


通儒碩学(つうじゅせきがく)

学問の奥義をきわめた大学者のこと。


九十九折(つづらおり)

くねくねと何度も折れ曲がっている。また、そのような坂道・山道をいう。


鄭衛桑間(ていえいそうかん)

国を滅ぼすような下品でみだらな音楽のこと。


鄭衛之音(ていえいのおん)

みだらな音楽。


鼎新革故(ていしんかくこ)

古い制度や習慣を改めて新しいものにすること。


剃髪落飾(ていはつらくしょく)

髪を剃って出家すること。


滴水嫡凍(てきすいてきとう)

瞬時も気をゆるめないで仏道修行に励むこと。


哲婦傾城(てっぷけいせい)

賢い女性があれこれ口出しするようになると、家や国を滅ぼしかねないということ。


轍鮒之急(てっぷのきゅう)

危険や災難がさしせまっていることのたとえ。


鉄網珊瑚(てつもうさんご)

すぐれた人物や珍しい物を探し求めること。


手前味噌(てまえみそ)

自分で自分の作ったものをほめること。自慢。


顛委勢峻(てんいせいしゅん)

水源も末流もその勢いが激しく盛んなこと。


顛越不恭(てんえつふきょう)

道をはずれて、君主の命令をつつしんで行わないこと。


天淵之差(てんえんのさ)

物事の隔たりがはなはだしく大きいことのたとえ。高い天と深い淵ほどの大きな差。


天淵氷炭(てんえんひょうたん)

差のはなはだしいことのたとえ。天と淵。氷と炭。天と地ほどの差があること。


甜言蜜語(てんげんみつご)

蜜のように甘く聞いていて快い言葉。人にへつらい人の気にいるようなうまい話や勧誘の言葉にいう。


天香桂花(てんこうけいか)

月の中にあるという桂の花。


転生輪廻(てんしょうりんね)

仏教で、人の生きかわり死にかわりしてとどまることのないことをいう。


天神地祇(てんしんちぎ)

天と地のすべての神々。あまつ神とくにつ神。


天日之表(てんじつのひょう)

天子となるべき人相をしている。


天地四時(てんちしいじ)

天地と春夏秋冬。


点滴穿石(てんてきせんせき)

わずかな力の積み重ねによって、非常に大きな事業を達成できること。


天之美禄(てんのびろく)

酒の異称。


天之暦数(てんのれきすう)

天のまわりあわせ。天のめぐりの運命。特に、天命をうけて帝位につく運命をいう。


天覆地載(てんぷうちさい)

天地のように広くおおらかな心や仁徳のこと。


天府之国(てんぷのくに)

自然の要害の地で地味が肥え、産物に富む土地。


顛撲不破(てんぼくふは)

動かし破ることができないこと。学説などにいう。天下の断案。


天保九如(てんぽうきゅうじょ)

人の長寿を祈る語。


天網恢恢(てんもうかいかい)

天が張り巡らしている網は広く、目が粗いようだが、悪人や悪事は決して取り逃さないということ。


天網之漏(てんもうのろう)

天罰からもれること。


天佑神助(てんゆうしんじょ)

天や神の助け。ご加護。また、偶然に恵まれて助かること。


泥車瓦狗(でいしゃがこう)

役に立たないもののたとえ。


田園将蕪(でんえんしょうぶ)

田畑を耕す働き手がいないために、雑草がおい茂って田畑が荒れはてていること。


伝観播弄(でんかんはろう)

次から次に人の手にわたして弄ぶこと。また、そうされること。


電光雷轟(でんこうらいごう)

勢いのきわめてはげしいことのたとえ。


東窺西望(とうきせいぼう)

あちこちをちらちら見ること。落ち着きのないさま。


倒懸之急(とうけんのきゅう)

状態が非常に逼迫していること。危急の状況の形容。


桃三李四(とうさんりし)

物事を成しとげるには、それなりの年月がかかること。


冬日之温(とうじつのおん)

君恩のあたたかさのたとえ。


投桃報李(とうとうほうり)

善に対して善で報いることのたとえ。


豆剖瓜分(とうぼうかぶん)

瓜や豆を割るように分裂・分割すること。


稲麻竹葦(とうまちくい)

たくさんあることのたとえ。多くの人や物が群がって入り乱れるさま。また、幾重にも取り囲んでいるさま。稲・麻・竹・葦が群生しているという意味。


桃李満門(とうりまんもん)

優秀な人材が多く集まること。


兎角亀毛(とかくきもう)

この世にありえないもののたとえ。うさぎのつのとかめの毛。


兎葵燕麦(ときえんばく)

名ばかりで実のないもののたとえ。


菟糸燕麦(としえんばく)

有名無実のたとえ。役に立たないもののたとえ。


兎死狗烹(としくほう)


斗酒百篇(としゅひゃっぺん)

大いに酒を飲みながら、たくさんの詩を作ること。


兎走烏飛(とそううひ)

歳月がせわしく過ぎ去ること。


斗粟尺布(とぞくしゃくふ)

兄弟の仲が悪いこと。


図南鵬翼(となんのほうよく)

大事業や海外雄飛を企てることのたとえ。


途方途轍(とほうとてつ)

すじみち。理屈。また、方法という意味。


左見右見(とみこうみ)

あっちを見たりこっちを見たりすること。また、あちらこちらに気を配ること。


杜黙詩撰(ともくしさん)

詩文や著作などにたくさんの誤りがあって、いい加減なこと。「杜黙」は人の名。「詩撰」は詩文を作ること。


豚蹄穣田(とんていじょうでん)

わずかなものから大きな利益を得ようとすること。


敦篤虚静(とんとくきょせい)


道之以徳(どうしいとく)

国民を指導するには道徳教育が重要であること。


動静云為(どうせいうんい)

人の言動のこと。


堂塔伽藍(どうとうがらん)

寺院の建物の総称のこと。堂と塔と伽藍のこと。


堂堂之陣(どうどうのじん)

陣容がととのって盛んなさま。


同病相憐(どうびょうそうれん)

同じ境遇・悩みに苦しむ者どうしは、互いに同情しあうこと。同じ気持ちで苦しむ者は、その苦しみをなぐさめ合うこと。


洞房花燭(どうぼうかしょく)

新婚の夜のこと。また、新婚のこと。


道傍苦李(どうぼうのくり)

人から見捨てられ、見向きもされないもののたとえ。


桐葉知秋(どうようちしゅう)

わずかな兆しから、物事の衰亡や大勢を察知すること。また、為政者たる者はささいな出来事からも、全体の情勢を予知する能力を持たねばならないということ。


土階茅茨(どかいぼうし)

宮殿の質素なさま。


呑雲吐霧(どんうんとむ)

仙術(仙人の行う術)を行う方士(医術・占い・仙術を行う人)が変幻の術で雲を飲み霧を吐くこと。


呑花臥酒(どんかがしゅ)

春の行楽をつくすことをいう。


呑牛之気(どんぎゅうのき)

気持ちが広く大きいこと。


呑舟之魚(どんしゅうのうお)

善悪にかかわらず、常人をはるかに超えた才能をもつ大物。


呑炭漆身(どんたんしっしん)

復讐のために、仇を討ったり、どんな苦しみや苦労もいとわないこと。


呑吐不下(どんとふげ)

他人に何とも応答できないことのたとえ。


呑波之魚(どんぱのうお)

善悪にかかわらず、常人をはるかに超えた才能をもつ大物。

【スポンサーリンク】

「な行」漢検準1級の四字熟語一覧

南山捷径(なんざんしょうけい)

終南山には仕官の近道がある。また、正規の段階をふむことなく官職につく法をいう。


南山之寿(なんざんのじゅ)

南山が欠けず崩れないように、事業がいつまでも栄え続くこと。転じて、長寿を祝う言葉。


難中之難(なんちゅうのなん)

難しいことの中でも、とりわけて難しいこと。


南都北嶺(なんとほくれい)

奈良と比叡山のこと。また、奈良の興福寺と比叡山の延暦寺のこと。


二姓之好(にせいのこう)

夫の家と妻の家との親しい交際のこと。結婚に際していう。


日常坐臥(にちじょうざが)

日常いつでもという意味。毎日の生活のこと。普段ということ。


忍気呑声(にんきどんせい)

怒りをこらえて声に出さないこと。遠慮して憤りを抑え、言いたいこともあえて言わないでいること。


燃犀之明(ねんさいのめい)

物事の本質を明らかに見抜く見識があることのたとえ。


燃眉之急(ねんびのきゅう)

危険が非常にさし迫っていること。


嚢沙之計(のうしゃのけい)

漢の将軍韓信が多くの土嚢で川の上流をせき止め、敵が川を渡ろうとするとき一挙に水を流し敵を打ち破ったという計略のこと。


嚢中之錐(のうちゅうのきり)

すぐれた人物は、平凡な人の中にいても必ず才能を発揮し真価があらわれることのたとえ。


能鷹隠爪(のうよういんそう)

人よりすぐれた能力を持つ人はその力量をやたらに人前で誇示するようなことはしないということ。

「は行」漢検準1級の四字熟語一覧

吠影吠声(はいえいはいせい)

根拠がないようなことでも、誰かが言い始めると世間の人がさも本当のことのように言い広めること。


稗官野史(はいかんやし)

小説。また民間のこまごましたことを歴史風に書いたもの。


敗軍之将(はいぐんのしょう)

失敗して、弁解の資格のない者のこと。戦いに負けた大将のこと。


杯賢杓聖(はいけんしゃくせい)

杯と杓を聖賢にたとえて言ったもの。


吠日之怪(はいじつのあやしみ)

見識の狭い者が、すぐれた言行をわけもわからず疑って非難すること。


背水之陣(はいすいのじん)

必死の覚悟で事に当たること。また、後にひけない困難な状況や立場のこと。


覇王之輔(はおうのほ)

最も強くて力がある補佐役のこと。


伯夷叔斉(はくいしゅくせい)

高潔で清廉潔白な人のこと。


白衣蒼狗(はくいそうく)

世の変化のはやいたとえ。


白屋之士(はくおくのし)

仕官せず貧困な読書人をいう。


白虹貫日(はくこうかんじつ)

白色の虹が太陽を貫く現象。真心が天に通じたときに現れるという。また、君主(太陽)が兵(白色の虹)に危害を加えられる兆候、革命の起きる前兆を表すともいう。


百代過客(はくたいのかかく)

永遠に止まることのない旅人。歳月が過ぎ去って帰らないことを旅人にたとえた言葉。


伯仲之間(はくちゅうのかん)

互いの力が接近していて、優劣がつけにくいこと。「伯」は長兄、「仲」は次兄のことで、「伯仲」はよく似ていて格別の違いがなく、力が接近しているという意味。


白兎赤烏(はくとせきう)

時間のこと。


博聞彊識(はくぶんきょうしき)

広く書物を読んで、物事をよく記憶していること。見聞が広く、かつよく記憶していること。


白竜魚服(はくりょうぎょふく)

身分の高い人がお忍びで外出して災難にあうことのたとえ。


白竜白雲(はくりょうはくうん)

古代中国の法官の呼び名。


破竹之勢(はちくのいきおい)

止めがたいほど勢いが盛んなこと。


白駒空谷(はっくくうこく)

賢人が登用されず野にあること。


八紘一宇(はっこういちう)

全世界を一つの家として考えること。


発縦指示(はっしょうしじ)

戦闘において戦いを指揮すること。また、指揮官。猟犬を解き放ち、獲物のいる場所を指示するという意味。


波濤万里(はとうばんり)

遠い外国のこと。非常に遠く海をへだてているという意味。


破釜沈船(はふちんせん)

生還を考えず、決死の覚悟で出陣すること。出陣に際し、炊事をするための釜をこわし、船を沈め、退路を断つこと。


斑衣之戯(はんいのたわむれ)

親孝行のたとえ。親に孝養のかぎりをつくすことのたとえ。


反逆縁坐(はんぎゃくえんざ)

謀反に連座して罰を得ること。


班荊道故(はんけいどうこ)

昔の友達とばったり会って昔の親交を思い、語り合うこと。


繁劇紛擾(はんげきふんじょう)

非常に忙しくて混乱していること。


繁絃急管(はんげんきゅうかん)

華麗でにぎやかな音楽。また、楽曲が佳境に入って盛り上がっていくこと。


反哺之羞(はんぽのしゅう)

親の恩に報いること。


半面之識(はんめんのしき)

ほんのちょっとした顔見知りのこと。


梅妻鶴子(ばいさいかくし)

梅と鶴を家族にする意で、妻をめとらず俗世を離れ、気ままに風流に暮らすたとえ。


馬牛襟裾(ばぎゅうきんきょ)

学識のない者、礼儀知らずな者をののしっていう語。馬や牛が人の衣服を着たようなものという意から。


莫逆之交(ばくぎゃくのまじわり)

互いに心に逆らうことのない意気投合した親友。


麦秀黍離(ばくしゅうしょり)

亡国の嘆きをいう。


麦秀之歌(ばくしゅうのうた)

故国の滅亡を嘆くこと。


馬遅枚速(ばちばいそく)

文章を作るのに司馬相如は遅く枚皐は速かった。


伐性之斧(ばっせいのおの)

心身に害を及ぼす事物のたとえ。女色におぼれたり、偶然の幸運をあてにすること。


伐氷之家(ばっぴょうのいえ)

位の高い高貴な家柄のこと。


万頃瑠璃(ばんけいるり)

青く広々としているさま。


万杵千砧(ばんしょせんちん)

きぬたを打つ大勢の婦人のこと。また、あちこちから聞こえるきぬたの音のこと。


盤石之固(ばんじゃくのかため)

きわめて堅固なこと。


万乗之君(ばんじょうのきみ)

兵車一万台を出せる大国の君主。大諸侯。一般に天子をいう。


万全之策(ばんぜんのさく)

まったく手ぬかりがないはかりごと。


万物逆旅(ばんぶつのげきりょ)

天地のこと。


万夫之望(ばんぷののぞみ)

天下の万人が仰ぎ慕うこと。また、そういう人。


万里之望(ばんりののぞみ)

立身出世しようとする願いの事。


万里鵬程(ばんりほうてい)

遠大な道程のたとえ。海が限りなく広がることの形容。


万里鵬翼(ばんりほうよく)

非常に遠く隔たった広い空やはるかな旅路などのたとえ。また、大きな気概や勢いのたとえ。


悲喜交交(ひきこもごも)

悲しみと喜びを、代わる代わる味わうこと。また、悲しみと喜びが入り交じっていること。


匪石之心(ひせきのこころ)

節操が固く何事にも動じない堅固な心のたとえ。


肥大蕃息(ひだいはんそく)

肥え太り盛んにふえること。


筆耕硯田(ひっこうけんでん)

文章で生計を立てること。


匹夫之勇(ひっぷのゆう)

考えることもなく、血気にはやるだけの勇気。


飛兎竜文(ひとりょうぶん)

才能のあるすぐれた子供のこと。


皮膚之見(ひふのけん)

うわべだけで本質をとらえようとしない浅薄な考えのこと。


百縦千随(ひゃくしょうせんずい)

どんなわがままも聞くこと。また、どんなわがままでもきかれること。


百世之師(ひゃくせいのし)

のちの世まで人の師と仰がれる人のこと。


百世之利(ひゃくせいのり)

永久の利益のこと。


百尺竿頭(ひゃくせきかんとう)

百尺もある竿の先端。転じて、到達しうる極限。最上の極地。


百年之業(ひゃくねんのぎょう)

後々までの仕事。また、古くから伝わった仕事。


百年之柄(ひゃくねんのへい)

後々のことを図る権柄のこと。


百福荘厳(ひゃくふくしょうごん)

仏像を、数多く積んだ福で飾ること。


百味飲食(ひゃくみのおんじき)

いろいろな珍しい飲食物のこと。


百薬之長(ひゃくやくのちょう)

酒のこと。また、酒があらゆる薬の中で最もよく効くということ。


百里之命(ひゃくりのめい)

一国の運命。君主から委任されて行う政治のこと。


百伶百利(ひゃくれいひゃくり)

非常に聡明なこと。


百挙百捷(ひゃっきょひゃくしょう)

どんなことも行っただけうまくいくこと。やればやっただけうまくいくこと。


百歩穿楊(ひゃっぽせんよう)

射撃の技術がすぐれていること。百歩離れた所から、ねらいを定めた細い楊の葉を射抜いて穴をあけること。


氷肌玉骨(ひょうきぎょっこつ)

美しい女性のこと。また、梅の花をいう。


氷壺秋月(ひょうこしゅうげつ)


豹死留皮(ひょうしりゅうひ)

死後に功名を残すたとえ。


漂蕩奔逸(ひょうとうほんいつ)

あてもなく走り回ること。


飛鷹走狗(ひようそうく)

たかを飛ばし、犬を走らせる意で、狩りをすること。


飛竜乗雲(ひりょうじょううん)

英雄が時勢に乗じて勢いを得て、才能を発揮すること。


牝鶏牡鳴(ひんけいぼめい)


貧富貴賤(ひんぷきせん)

貧しい者と富める者、身分の尊い者と賤しい者。


美酒佳肴(びしゅかこう)

おいしい酒と、うまいさかな。非常においしいごちそうのこと。


美須豪眉(びしゅごうび)

凛々しい男性のこと。


尾生之信(びせいのしん)

約束をかたく守ること。また、馬鹿正直で融通がきかないこと。


謬悠之説(びゅうゆうのせつ)

でたらめでとりとめのない考え方のこと。


猫鼠同眠(びょうそどうみん)

どろぼうを捕らえる者とどろぼうがなれ合うこと。また、上役と下僚が結託して悪事を働くことのたとえ。


廟堂之器(びょうどうのき)

政治をつかさどることができる立派な器量の人物のこと。


布衣之極(ふいのきょく)

庶民として最高の出世のこと。


布衣之交(ふいのまじわり)

身分や地位などを問題にしない心からの交際。また、庶民的なつきあい。


風魚之災(ふうぎょのわざわい)

海上の暴風による災難のこと。また、海賊や外敵などによる災難のこと。


風餐雨臥(ふうさんうが)

旅の苦しみや野外での仕事の苦しみ。また、野宿をすること。


風餐露宿(ふうさんろしゅく)

風にさらされ、露にぬれ野宿をすること。転じて、旅の苦労、野宿の苦しみのたとえ。


風樹之歎(ふうじゅのたん)

父母が亡くなってしまって、孝行を尽くすことができない嘆き。


風霜之任(ふうそうのにん)

司法官のこと。


風木之悲(ふうぼくのかなしみ)

父母が亡くなってしまって、孝行を尽くすことができない嘆き。


浮雲驚竜(ふうんきょうりょう)

筆勢がきわめて自由闊達で勢いがあるさま。


浮雲之志(ふうんのこころざし)

不正な手段で得た財産や地位は、自分とは関係がないはかないものだという考え方。


不壊金剛(ふえこんごう)

きわめて堅固でこわれないこと。また、志をかたく守って変えないたとえ。


浮瓜沈李(ふかちんり)

夏の優雅な遊びをいう。


夫家之征(ふかのせい)

中国周代の税の一。民衆で一定の仕事を持たない者に、罰金として出させた。


浮花浪蕊(ふかろうずい)

取り柄のない平凡なさまのたとえ。


不刊之書(ふかんのしょ)

永久に滅びることなく伝わる書物。不朽の名著。


覆車之戒(ふくしゃのいましめ)

前者の失敗を見て、同じ失敗をしないよう戒めにすること。


腹誹之法(ふくひのほう)

口に出さなくても、心の中で非難すれば罰するという法律のこと。


伏竜鳳雛(ふくりょうほうすう)

才能がありながら、機会に恵まれず、実力を発揮できないでいる者のたとえ。また、まだ世間に知られずにいる優れた人物、将来が期待される有望な若者のたとえ。


不倶戴天(ふぐたいてん)

同じ世には一緒にはいない、同じ天の下には生かしてはおけないと思うほど恨み・怒りの深いこと。もとは父の仇を言った。


不虞之誉(ふぐのほまれ)

思いがけなく得た名誉のこと。


不繋之舟(ふけいのふね)

心にわだかまりがなくさっぱりしていて無心なこと。また、定めなく流れただよっていること。


不言之教(ふげんのおしえ)

言葉にして言わずに、相手に体得させることができる教えのこと。


不失正鵠(ふしつせいこく)

物事の重要な点を正確にとらえること。的をはずさず急所をつくこと。


不惜身命(ふしゃくしんみょう)

仏道のために身も命も惜しまないこと。


負薪汲水(ふしんきゅうすい)

自然の中で簡素な生活を営むこと。


負薪之憂(ふしんのうれい)

自分の病気の称。


負薪之病(ふしんのへい)

自分の病気の称。


附耳之言(ふじのげん)

秘密は漏れやすいし、すぐに広まるものだということ。


二股膏薬(ふたまたこうやく)

定見がなく、あっちへついたり、こっちへついたりすること。


釜底抽薪(ふていちゅうしん)

問題を解決するためには根本の原因を取り除かなければならないというたとえ。


敷天之下(ふてんのもと)

世界中。


不抜之志(ふばつのこころざし)

物事にくじけない強い意志のこと。


不毛之地(ふもうのち)

草木や穀物が生じないやせた土地のこと。また、新しい発見もよい結果も得られないこと。


夫里之布(ふりのふ)

中国古代の税法の一。夫布と里布のこと。


焚琴煮鶴(ふんきんしゃかく)

琴を焼いてつるを煮る意で、殺風景なこと。また、風流心のないことのたとえ。


粉粧玉琢(ふんしょうぎょくたく)

女性の容貌が美しいことのたとえ。


焚書坑儒(ふんしょこうじゅ)

思想・学問・言論を弾圧すること。


粉白黛墨(ふんぱくたいぼく)

美人のこと。


墳墓之地(ふんぼのち)

生まれ故郷のこと。


舞馬之災(ぶばのわざわい)

火事のこと。


文質彬彬(ぶんしつひんぴん)

外見の美しさと内面の実質がよく調和していること。人の文雅であってしかも飾りけの無いことの形容。


蚊虻走牛(ぶんぼうそうぎゅう)

小さなものが強大なものを制すること。また、ささいなことが原因となって大事件や災難を引きおこすこと。


蚊虻之労(ぶんぼうのろう)

取るに足りない技能のこと。


分憂之寄(ぶんゆうのき)

国司(諸国におかれた地方官)のこと。


並駕斉駆(へいがせいく)

力や能力に差がないこと。


並駆斉駕(へいくせいが)

力や能力に差がないこと。


平沙落雁(へいさらくがん)

中国瀟湘八景の一つ。また琴曲の名。


兵車之会(へいしゃのかい)

武力によって諸侯を会合させること。


兵者凶器(へいはきょうき)

武器は人をそこなう不吉な道具であるということ。


平伏膝行(へいふくしっこう)

高貴の人の前で恐縮して進み出るさま。


閉明塞聡(へいめいそくそう)

世間の事物と接触を断ち切る。また、現実から逃避すること。


碧眼紅毛(へきがんこうもう)

赤い髪の毛、青い眼の人の意で、西洋人を指す。


碧血丹心(へきけつたんしん)

このうえない真心、忠誠心のこと。


碧落一洗(へきらくいっせん)

大空がからりと晴れわたること。


辺地粟散(へんちぞくさん)

粟つぶの散らばったような世界の果ての小さな国。特に中国などから見て日本をいう。


偏僻蔽固(へんぺきへいこ)

道理に暗く考えがかたよっていて、かたくななこと。


米泉之精(べいせんのせい)

酒をいう。


鞭声粛粛(べんせいしゅくしゅく)

相手に気づかれないように、静かに馬に鞭打つさま。


鳳凰来儀(ほうおうらいぎ)

世の中が太平なことのたとえ。


方正之士(ほうせいのし)

行いの正しい人のこと。


蜂準長目(ほうせつちょうもく)

賢くて抜け目のない人相のこと。


抱柱之信(ほうちゅうのしん)

約束をかたく守ること。また、馬鹿正直で融通がきかないこと。


鵬程万里(ほうていばんり)

はるか遠くへだたった旅路・道程のたとえ。また、限りなく広がる大海の形容。前途が洋々たることの形容に用いられることもある。


蓬頭垢面(ほうとうこうめん)

身だしなみに無頓着で、むさくるしいこと。また、疲れ切った貧しい様子。乱れた髪と垢まみれの顔の意から。


放蕩三昧(ほうとうざんまい)

勝手放題にすること。酒や女におぼれて品行が悪く、勝手気ままなこと。


朋党比周(ほうとうひしゅう)

同志が団結して助けあい、仲間以外のものを排斥すること。


放蕩無頼(ほうとうぶらい)

酒色にふけり、勝手気ままに振る舞って品行の定まらないさま。


蓬頭乱髪(ほうとうらんぱつ)

よもぎのように髪が乱れるさま。


法爾自然(ほうにじねん)

少しも人為的な力が加わらないあるがままの姿であること。


捧腹絶倒(ほうふくぜっとう)

腹を抱えて大笑いすること。


捧腹大笑(ほうふくたいしょう)

腹を抱えて大笑いすること。


泡沫夢幻(ほうまつむげん)

人生のはかないことのたとえ。


蓬莱弱水(ほうらいじゃくすい)

遠くはるかにへだたっていること。


方領矩歩(ほうりょうくほ)

儒者の身なりや態度のたとえ。


輔車相依(ほしゃそうい)

お互いに助け合う密接な関係。


発菩提心(ほつぼだいしん)

仏門に入って僧になろうと思うこと。また、悟りを開こうという気持ちを持つこと。


蒲柳之質(ほりゅうのしつ)

若いときから体質が虚弱なこと。


奔逸絶塵(ほんいつぜつじん)

非常にはやく走ること。


本領安堵(ほんりょうあんど)

鎌倉・室町時代、幕府や大名がその支配下にある者に対して、ある特定の領地が間違いなくその領地であることを承認し証明の書面を出すこと。


亡羊之嘆(ぼうようのたん)

学問の道が多方面にわたって真理を掴むのが難しく、途方に暮れて悲しみ嘆くこと。


亡羊補牢(ぼうようほろう)

失敗したあとで、慌てて改善するたとえ。あとのまつり。また、失敗したあとで、すぐに手当てをすれば、災いや過ちを大きくしないですむたとえ。


撲朔謎離(ぼくさくめいり)

男か女か分からないこと。


暮色蒼然(ぼしょくそうぜん)

夕暮れどきの、徐々にあたりが薄暗くなっていく様子。


凡聖一如(ぼんしょういちにょ)

人には凡人と聖者の別はあるが本性は平等であること。


煩悩菩提(ぼんのうぼだい)

煩悩は悟りの縁であること。

「ま行」漢検準1級の四字熟語一覧

磨穿鉄硯(ませんてっけん)

猛烈に勉強すること。


麻中之蓬(まちゅうのよもぎ)

よい環境の中では悪しきものも正されるというたとえ。まっすぐに伸びる麻の中に生えた蓬は、曲がりがちな性質が矯められて、まっすぐに育つ意。


満腔春意(まんこうしゅんい)

全身になごやかな気分が満ちていること。人を祝う言葉。


万劫末代(まんごうまつだい)

遠い後の世。


未来永劫(みらいえいごう)

これから未来にわたる、果てしなく長い年月。永遠。


無稽之談(むけいのだん)

根拠のないでたらめな話。


夢幻泡影(むげんほうよう)

人生がはかないことのたとえ。


無告之民(むこくのたみ)

訴えるすべをもたない無力な人びと。貧しい下積みの人、老人などの弱者をいう。


矛盾撞着(むじゅんどうちゃく)

前後がくいちがって論理があわないこと。


無知蒙昧(むちもうまい)

知恵や学問がなく、愚かなさま。


無妄之福(むぼうのふく)

思いがけない幸運。


無用之用(むようのよう)

一見役に立たないと見えるものが、かえって役に立つ。


明月之珠(めいげつのたま)

暗闇でもみずから光を放って照らすという宝玉。


名声赫赫(めいせいかくかく)

よい評判が盛んにあがること。


命世之才(めいせいのさい)

世にすぐれた才能。また、そのような才能を持つ人。


鳴蝉潔飢(めいせんけっき)

高潔の士はどのようなときにも節操を変えないたとえ。蝉は高潔な性格なので飢えても汚いものは食べない意。


明明赫赫(めいめいかくかく)


冥冥之志(めいめいのこころざし)

人知れず努力してつとめ励むこと。また、人知れず心の中に期すること。


名誉挽回(めいよばんかい)

一度失った信用や評判を、その後の言動によって取り戻すこと。


麪市塩車(めんしえんしゃ)

雪の積もる形容。


妄想之縄(もうぞうのなわ)

仏教で、限りなく身を苦しめる迷い。


孟仲叔季(もうちゅうしゅくき)

兄弟の順序をいう語。長子・次子・三子・四子の称。


孟母三遷(もうぼさんせん)

子供は周囲の影響を受けやすいので、子供の教育には環境を選ぶことが大切であるという教え。


孟母断機(もうぼだんき)

学業を途中でやめてはいけないという戒め。


百舌勘定(もずかんじょう)

うまいことを言って自分だけが得をするような勘定のしかた。


両刃之剣(もろはのつるぎ)

利便なものも扱い方によってはたいへんな危険をもたらすたとえ。


門前雀羅(もんぜんじゃくら)

門の前に網を張って雀を捕まえることができるほど訪問者もなく、人の往来もない寂れたさま。


問鼎軽重(もんていけいちょう)

その人の権威・実力を疑うこと。君主の地位をねらう野心のあること。

「や行」漢検準1級の四字熟語一覧

山雀利根(やまがらりこん)

広く世の中を知ることはせず、自分の知っていることだけにこだわることのたとえ。


維摩一黙(ゆいまいちもく)

多弁より沈黙がまさっていることのたとえ。


邑犬群吠(ゆうけんぐんばい)

小人がこぞって集まり、人のうわさなどを盛んに言い合うことの形容。また、小人が多く賢人を非難するたとえ。村里にすむ犬が群がって吠えるという意から。「邑」は村里のこと。「群吠」は群がって吠える意。「吠」は「べい」とも読む。


宥坐之器(ゆうざのき)

『荀子』「宥坐」より。座右において戒めとする道具。


有終之美(ゆうしゅうのび)

終わりを全うすること。


有職故実(ゆうそくこじつ)

朝廷や公家、武家の昔からの行事や法令・儀式・制度・官職・風俗・習慣の先例、典故。また、それらを研究する学問。


優孟衣冠(ゆうもういかん)

他人のまねをする人、演技をする人のたとえ。また外形だけは似ていて実質の伴わないもののたとえ。


勇猛果敢(ゆうもうかかん)

危険や困難を恐れずに、力強く思い切りのよい決断をして行動すること。


遊戯三昧(ゆげざんまい)

仏の境地に遊んで何ものにもとらわれないこと。また、遊びたわむれふけること。


用管窺天(ようかんきてん)

視野や見識が狭いことのたとえ。細い管から天をうかがい見る意。


鷹犬之才(ようけんのさい)

自分が手先に使って役に立つ才能の持ち主。


傭書自資(ようしょじし)

文章を書いて生活の糧とすること。


鷹視狼歩(ようしろうほ)

たかのように鋭い目つきと、おおかみのように欲深く獲物を求めるような歩き方。猛々しく欲深で残忍な人物の形容。


庸中佼佼(ようちゅうのこうこう)

平凡な者の中でややすぐれた者の意。


羊頭狗肉(ようとうくにく)

うわべや宣伝文句は立派だが、中身や実質がともなわないこと。


蠅頭細書(ようとうさいしょ)

細かい文字のこと。


耀武揚威(ようぶようい)

武力や威力をあげ示すこと。


容貌魁偉(ようぼうかいい)

姿かたちが堂々として大きく立派なさま。「魁偉」は大きくて立派なさま。


輿馬風馳(よばふうち)

非常に速いことのたとえ。

「ら行」漢検準1級の四字熟語一覧

雷轟電撃(らいごうでんげき)

勢いのきわめてはげしいことのたとえ。雷鳴が鳴り響き電光が走る。


雷轟電転(らいごうでんてん)

町中の喧騒の激しいことのたとえ。雷がとどろき稲妻がはしるように、人馬の叫びが激しいこと。


落月屋梁(らくげつおくりょう)

友人を思う情が切なこと。


落筆点蠅(らくひつてんよう)

過ちをうまくとりつくろうこと。誤って筆を落としてついた汚れをうまく蠅にえがく意。


洛陽紙価(らくようのしか)

著書が世にもてはやされて、よく売れること。


嵐影湖光(らんえいここう)

山の青々とした気と湖面のかがやき。山水の風景の美しいことの形容。


蘭桂騰芳(らんけいとうほう)

蘭や桂が香りたつ。子孫が繁栄することのたとえ。


蘭亭殉葬(らんていじゅんそう)

書画や骨董、器物などを非常に愛好するたとえ。


李下瓜田(りかかでん)

人などに疑われるような事はするなということ。


六言六蔽(りくげんのりくへい)

人には六つの徳があるが、学問や教養を積まなければ六つの弊害を生むということ。


六合同風(りくごうどうふう)

天下が統一され、風俗や教化を同じくすること。


六菖十菊(りくしょうじゅうぎく)

時期が過ぎて役に立たないことのたとえ。五月五日の端午の節句の翌日六日の菖蒲と、九月九日の重用の節句の翌日十日の菊。


六尺之孤(りくせきのこ)

未成年の孤児。また、十四・五歳で父に死なれた幼君。


履霜之戒(りそうのいましめ)

前兆を見て災難を避けよという戒め。霜を踏んで歩けばやがて氷が張る時期になることから、前兆をみてやがて来るわざわいに対して用心せよという意。


立錐之地(りっすいのち)

とがった錐をやっとたてることができるほどのごく狭い土地。


柳巷花街(りゅうこうかがい)

遊里・色町のこと。


柳眉倒豎(りゅうびとうじゅ)

女性が眉を逆立てて怒るさま。


凌雲之志(りょううんのこころざし)

俗世間を遠く超越したいと願う高尚なこころざし。また志気盛んに大いに飛躍しようとするこころざし。


良禽択木(りょうきんたくぼく)

かしこい人物は自分の仕える主人をよく吟味して仕官するものであるということ。かしこい鳥は自分が住みやすい木に巣を作るということ。


竜駒鳳雛(りょうくほうすう)

才知ある賢い少年のこと。すぐれた才能を持っている賢い少年のこと。


竜興致雲(りょうこうちうん)

聖徳ある天子が立つと賢明な臣下があらわれるたとえ。竜が奮い興って雲を湧き起こす意。


竜章鳳姿(りょうしょうほうし)

伝説上の霊獣・霊鳥である竜や鳳凰のように、威厳に満ちた立派な容姿。本来の意味は、竜のように勇壮で、おおとりのように気高い姿をしていること。内面の充実が外面に現れたすぐれた風采をいう。


梁上君子(りょうじょうのくんし)

盗賊、どろぼうのこと。転じて、鼠の異名。


竜跳虎臥(りょうちょうこが)

筆勢が何の束縛も受けず、縦横自在で、さまざまな字様を駆使していること。竜が天に向かって身を躍らせて跳び上がったり、とらが大地にからだを伏せる様子を筆の勢いに比喩したもの。


竜騰虎闘(りょうとうことう)

力の伯仲する二者が、力を尽くして激しく戦うこと。雌雄を決するような激戦を繰り広げること。


竜頭蛇尾(りょうとうだび)

はじめは勢いが盛んで、終わりになるにしたがってふるわなくなること。尻すぼみ


竜瞳鳳頸(りょうどうほうけい)

竜のひとみと鳳凰の首。きわめて高貴な人相をいう。


両鳳連飛(りょうほうれんぴ)

二羽の鳳凰が並び飛ぶ。兄弟がそろって栄達することのたとえ。


綾羅錦繍(りょうらきんしゅう)

目をみはるほど美しいもの。また、美しく着飾ること。


臨淵羨魚(りんえんせんぎょ)

願望を達成するには有効な手段を考えるべきだということ。


麟子鳳雛(りんしほうすう)

将来性のある子供のたとえ。麒麟の子と鳳凰のひなの意から。


鱗次櫛比(りんじしっぴ)

うろこや櫛の歯のように続き並ぶこと。


輪廻転生(りんねてんしょう)

仏教で、人の生きかわり死にかわりしてとどまることのないことをいう。


麟鳳亀竜(りんぽうきりょう)

太平の世になると現れると信じられていた四種の霊獣・霊鳥。麒麟、鳳凰、亀、竜のこと。転じて、非常にまれで珍しいもの、聖人・賢者のたとえ。


礪山帯河(れいざんたいが)

永久に変わらない堅い誓約のたとえ。また、国が永遠に栄え安泰であるたとえ。たとえ広い黄河が帯のように細くなり、高い泰山がすりへって砥石のように平らになるようなことがあっても、永久に変わることはない意から。


蓮華往生(れんげおうじょう)

死んで極楽浄土に行くこと。


憐香惜玉(れんこうせきぎょく)

香や玉をいつくしむ。また香や玉を女性にたとえて、女性をいつくしみ大切に思うことのたとえ。


狼子野心(ろうしやしん)

凶暴な人のたとえ。また、凶暴な人を教化しがたいたとえ。おおかみの子の生まれついた野性は飼い慣らしにくいという意。


狼貪虎視(ろうどんこし)

野心の盛んなさま。また、無道で貪欲なさま。狼のように貪欲で虎が獲物を見るように見る意。


老馬之智(ろうばのち)

長い経験を積んで得たすぐれた知恵や知識。


老莱斑衣(ろうらいはんい)

親孝行のたとえ。親に孝行のかぎりをつくすことのたとえ。


魯魚章草(ろぎょしょうそう)

書き誤りやすい文字のこと。


魯魚之謬(ろぎょのあやまり)

文字の書き誤り。


六道輪廻(ろくどうりんね)

この世に生きとし生けるものは六道の世界に生死を繰り返して迷い続けるということ。


魯般雲梯(ろはんうんてい)

魯の名工の魯般が作った雲まで届く高いはしご。

「わ行」漢検準1級の四字熟語一覧

和光同塵(わこうどうじん)

自分の才能や徳を隠して、世間に目立たないように暮らすこと。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索