致知格物【ちちかくぶつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
致知格物

【読み方】
ちちかくぶつ

日本漢字能力検定
4級

【意味】
物事の本質をつきつめて理解し、知識を深めること。

【語源・由来】
『礼記』「大学」より。「格」は至るという意味。「格物」は物事を究極までつきつめること。「致知」は知識を最高にまで深めること。

【類義語】
・格物究理(かくぶつきゅうり)


致知格物(ちちかくぶつ)の使い方

健太
ともこちゃんは、本当に勉強が好きなんだね。
ともこ
そうね。致知格物の道を極めたいと思っているわ。
健太
道を極めるなんてすごいな。僕は明日のテストで0点をとらないようにすることで精一杯なのに。
ともこ
健太くんも、こつこつ努力を続けていれば、いずれ勉強の楽しさがわかる日が来るわよ。

致知格物(ちちかくぶつ)の例文

  1. 致知格物の姿勢でともこちゃんは勉強に励みました。
  2. 健太くんは致知格物を胸に、日々努力を欠かしません。
  3. 致知格物の道を極めるために、海外の大学に留学して勉強を続けることにしました。
  4. ともこちゃんは致知格物をモットーとし、不断の努力をしています。
  5. 勉強を毎日がんばり、致知格物の道を極め、まだ自分が知らない見たことのない世界をこの目で見たいのです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事