暴虐非道【ぼうぎゃくひどう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
暴虐非道

【読み方】
ぼうぎゃくひどう

日本漢字能力検定
3級

【意味】
乱暴でむごたらしく道理に外れた行いをすること。また、その人。

【類義語】
・暴虐無道(あくぎゃくむどう)


暴虐非道(ぼうぎゃくひどう)の使い方

健太
猫を虐待している暴虐非道な人がこのあたりにいるらしいね。
ともこ
怖いわよね。猫を狙った事件が20件も続いているもんね。かわいい猫を虐待するなんて、絶対に許せないわ。
健太
僕たちの手でつかまえることはできないかな。
ともこ
暴虐非道な犯人らしいから、子供である非力な私達だけでは危険だわ。大人にも声をかけてみましょうよ。そして私たちの手で暴虐非道な犯人をつかまえてこらしめましょう。

暴虐非道(ぼうぎゃくひどう)の例文

  1. 暴虐非道な王のせいで、この国の民は苦しめられています。
  2. 優しいともこちゃんは、ニュースを見ていると暴虐非道なニュースばかりで心を痛めています。
  3. 親を見すてるなんて暴虐非道な行為です。
  4. 困っている人がいるのに平気な顔で素通りするなんて、君は暴虐非道だなあ。
  5. 敵兵たちは、暴虐非道で有名で、無関係な民衆まで皆殺しにするそうです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事