前車覆轍【ぜんしゃのふくてつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】
前車覆轍

【読み方】
ぜんしゃのふくてつ

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
先人の失敗は、後の人の戒めになるということ。

【語源・由来】
『漢書』「賈誼伝」より。「前車の覆るは後車の誡め」にもとづく。「前車」は前を行く車、「覆轍」はひっくりかえった車の轍(車輪の跡)という意味。前の車が引っくり返ると、後続の車への警告となることからいう。

【類義語】
・覆車之誡(ふくしゃのいましめ)
・前覆後戒(ぜんぷくこうかい)

【対義語】
・重蹈覆轍(じゅうとうふくてつ)


前車覆轍(ぜんしゃのふくてつ)の使い方

健太
担任の先生にコアラの話をしたら怒られたんだ。
ともこ
何で怒るのかしら?
健太
先生は自分の大きい鼻にコンプレックスを持っているみたいで、大きい鼻のコアラを思い出すと嫌な気分になるようだよ。
ともこ
へえ。健太くんを前車覆轍として、先生の前ではコアラの話はしないようにするわ。

前車覆轍(ぜんしゃのふくてつ)の例文

  1. 銃の乱射事件を前車覆轍として、米国で銃の規制を求める声が高まっています。
  2. おじいちゃんの戦争体験を後世に伝えて前車覆轍とし、二度と戦争を起こさないようにしたいのです。
  3. 今回の地震の被害を永久に伝え続け、前車覆轍としてほしい。
  4. 兄さんが母さんに怒られるたびに、前車覆轍と思って成長してきたので、僕は要領が良い弟になりました。
  5. 振り込め詐欺にあったおじいちゃんの経験を前車覆轍とし、留守番電話機能を活用して未然に防ぐようにしています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事