万代不易【ばんだいふえき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】
万代不易

【読み方】
ばんだいふえき

日本漢字能力検定
4級

【意味】
永久に変わらないこと。

【語源・由来】
「不易」は変わらないこと。

【類義語】
・万古不易(ばんこふえき)
・千古不易(せんこふえき)
・千古不変(せんこふへん)
・永久不変(えいきゅうふへん)
・百世不磨(ひゃくせいふま)

【対義語】
・一時流行(いちじりゅうこう)
・有為転変(ういてんぺん)


万代不易(ばんだいふえき)の使い方

健太
ともこちゃん。昨晩、僕の大好きなおばあちゃんが亡くなったんだ。悲しいよー。
ともこ
それはつらかったわね。
健太
人間は永遠の命を手に入れることはできないのかな?
ともこ
この世に万代不易なものは存在しないわ。変わるからこそはかなく美しいのよ。

万代不易(ばんだいふえき)の例文

  1. 万代不易の時代だと思っていたところに黒船がやってきました。
  2. 神様の愛は万代不易です。
  3. 盛者必衰は万代不易の真実です。
  4. 万代不易の真理だと思われていましたが、その真理を根底から覆すような研究結果が発表されました。
  5. 万代不易の愛情を誓い合った二人の間に、埋められない溝が生じ別れを選ぶことになりました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事