有為転変【ういてんぺん】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
有為転変

【読み方】
ういてんぺん

日本漢字能力検定
4級

【意味】
世の中のすべてのものが絶えず変化して、しばらくの間も同じ状態にとどまることがないこと。
この世が無情で、はかないものであるたとえ。

【語源・由来】
「有為」は仏教語で、さまざまな因縁によって生じる一切の現象と存在、転じて現世。「転変」は移り変わること。

「有為」を「ゆうい」と読むのは誤り。

【類義語】
・有為無情(ういむじょう)
・諸行無常(しょぎょうむじょう)
・生生流転(せいせいるてん)
・泡沫夢幻(ほうまつむげん)
・盛者必衰(じょうしゃひっすい)
・夢幻泡沫(むげんほうまつ)

【対義語】
・一定不変(いっていふへん)
・永遠不変(えいえんふへん)
・恒久不変(こうきゅうふへん)

【英語訳】
the vicissitudes of life、mutability

英語例文
有為転変は世の習い。Vicissitudes are the lot of man.

有為転変(ういてんぺん)の使い方

ともこ
健太くん、知り合いの人でボクシングやっている人がいるでしょう。
健太
うん、去年まで連続5回も防衛していたボクシングのチャンピョンだったけど、今年あっけなく負けてしまったんだ。
ともこ
そうなんだ、テレビでやっていたから・・・残念だったね。
健太
挑戦者の猛攻をおさえられずに、KO負けで有為転変であることを実感したんだ。

有為転変(ういてんぺん)の例文

  1. 有為転変は世の習いとはいえ、故郷がどんどん変わっていくのはさびしいね。
  2. 昔の成人式は厳かな気持ちで出席したものだが、有為転変は世の中の常である。
  3. 私があなたを思う気持ちは有為転変のなかでも変わりはしない。
  4. 広い世間にも、彼ほど有為転変の生活を送ったものはないであろう。

まとめ

激しく移り変わるのがこの世の常であるという意味だが、自然でいっぱいだった故郷も、今では高層ビルが建ち並んでいる。有為転変は世の習いである。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事