百世不磨【ひゃくせいふま】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
百世不磨

【読み方】
ひゃくせいふま

日本漢字能力検定
2級

【意味】
永久に消滅しないこと。

【語源・由来】
『後漢書』「南匈奴伝」より。「百世」は非常に長い年月のこと。「不磨」は磨りへらないこと。

【類義語】
・百世不易(ひゃくせいふえき)
・永久不変(えいきゅうふへん)
・千古不易(せんこふえき)
・万古不易(ばんこふえき)
・永垂不朽(えいすいふきゅう)
・永遠不滅(えいえんふめつ)


百世不磨(ひゃくせいふま)の使い方

健太
この学校の栄光が百世不磨であることを願って、来月150周年記念の式典を開くんだって。
ともこ
150周年ってすごいわよね。
健太
150周年というだけでもすごいんだけど、学校関係者は百世不磨であることを願っているようだよ。
ともこ
欲望は果てしなく百世不磨よね。

百世不磨(ひゃくせいふま)の例文

  1. 百世不磨の名声を手に入れて、歴史に名を残したい。
  2. 平安時代、藤原氏は栄華を極め、それは百世不磨だと思われました。
  3. ともこちゃんが歳を取ってしわくちゃになっても、ともこちゃんへの愛は百世不磨だという自信があるよ。
  4. 少子高齢化で人口が減っても、百世不磨であるための街づくりをしましょう。
  5. 百世不磨の名曲と言える曲は、最近少ないですね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事