綢繆未雨【ちゅうびゅうみう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
綢繆未雨

【読み方】
ちゅうびゅうみう

日本漢字能力検定
1級

【意味】
前もって準備をしてわざわいを防ぐこと。

【語源・由来】
『詩経』より。「綢繆」は固めふさぐ、つくろうこと。「未雨」はまだ雨が降らないうちにという意味。雨が降る前に巣の透き間を固めつくろうことから。

【類義語】
・ 綢繆牖戸(ちゅうびゅうゆうこ)


綢繆未雨(ちゅうびゅうみう)の使い方

ともこ
綢繆未雨しておいたおかげで、今回の地震で被害者が出なかったんだからよかったわよね。
健太
そうだね。やっぱり防災訓練は大事だってことだよね。
ともこ
災害は忘れたころにやってくるっていう寺田寅彦の言葉通りよね。
健太
後世に残したい言葉だよね。

綢繆未雨(ちゅうびゅうみう)の例文

  1. 災害大国日本に住む限り、綢繆未雨の精神を忘れてはいけません。
  2. 大雨警報がでていたので、綢繆未雨、土嚢を積んで氾濫を防ぎました。
  3. 綢繆未雨するために、過去から学ばなくてはいけません。
  4. 今回の大災害で学んだ教訓を後世に遺し、綢繆未雨の大切さを伝えていきたいです。
  5. 綢繆未雨して、被災者をゼロにするために、早めの避難を呼びかけました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事