忠孝両全【ちゅうこうりょうぜん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】
忠孝両全

【読み方】
ちゅうこうりょうぜん

日本漢字能力検定
5級

【意味】
李商隠の文より。君主に対する忠義と両親に対する孝行を二つとも全うすること。忠義と孝行は一致するもので両方同時に全うできるという考え。これとは逆に「忠ならんと欲すれば孝ならず」というように忠であろうとすれば不孝となるという考えもある。

【類義語】
・忠孝双全(ちゅうこうそうぜん)
・忠孝両立(ちゅうこうりょうりつ)
・忠孝一致(ちゅうこういっち)

【対義語】
・忠孝不並(ちゅうこうふへい)


忠孝両全(ちゅうこうりょうぜん)の使い方

健太
兄さんが受けた会社の面接では、親孝行をしているかどうかについて聞かれたんだって。
ともこ
へえ。忠孝両全っていうものね。
健太
親孝行もできない人が会社に尽くすことはできないって思っているようだよ。
ともこ
なかなかおもしろい良い会社ね。

忠孝両全(ちゅうこうりょうぜん)の例文

  1. 忠孝両全というように、親孝行な国民が多いと秩序は安定します。
  2. 世間では忠孝両全と言われているけれども、会社に尽くせば家庭はないがしろになり、両立は難しいです。
  3. 親孝行な健太くんは、忠孝両全、社会や国のためにもまた全力で奉仕します。
  4. 親孝行もしつつ、会社のためにも生きる、そういう忠孝両全といったバランスが取れた社会が望ましい。
  5. ともこちゃんは、親の介護をしながら会社の仕事をこなしている忠孝両全の人です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事