同帰殊塗【どうきしゅと】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】
同帰殊塗

「殊塗同帰」ともいい。「同帰殊途」とも書く。

【読み方】
どうきしゅと

【意味】
帰着するところは同じだが、そこに到る道が異なること。

【語源・由来】
「同帰」は同じところに行き着くこと。「殊」は異なるという意味。「塗」は「途」と同じで、道のこと。

【典拠・出典】
易経』「繋辞伝・下」

【類義語】
異路同帰(いろどうき)
殊塗同帰(しゅとどうき)


同帰殊塗(どうきしゅと)の使い方

健太
ともこちゃん。このパズルの解き方を教えてくれる?
ともこ
もう少し考えてみたら?同帰殊塗、解き方はいろいろあるのよ。
健太
答えは一つじゃないんだね。
ともこ
そうよ。自分で考えたほうが解けた時、喜びを感じることができると思うわ。

同帰殊塗(どうきしゅと)の例文

  1. 成功者を参考にするのはいいのですが、同帰殊塗というように、成功までの道のりは一つではありません。
  2. 中学受験に失敗した僕と、成功した健太くんが同帰殊塗、同じ会社に入社しました。
  3. 同帰殊塗、どんな方法であってもみんなが幸せな結末でありたい。
  4. 三種類の道のどれを選んでも、同帰殊塗、この先で合流するようになっています。
  5. 健太くんとともこちゃんはやり方が異なっているけれども、同帰殊塗、捨て猫の幸せを望んでいる点では同じでした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索