沈魚落雁【ちんぎょらくがん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
沈魚落雁

【読み方】
ちんぎょらくがん

【意味】
他と比べることもできないほどに美しい女性のこと。

【語源・由来】
「荘子」斉物論より。その女性を見た魚は恥らって水底に隠れ、女性を見た雁は見とれて空から落ちるということから。
元は価値観の相対性を言った言葉で、人間の基準では絶世の美女でも、魚や雁からすれば恐れて逃げる対象でしかないということから。

【類義語】
・解語之花(かいごのはな)
・羞月閉花(しゅうげつへいか)
・閉月羞花(へいげつしゅうか)
・明眸皓歯(めいぼうこうし)
・落雁沈魚(らくがんちんぎょ)

【スポンサーリンク】

沈魚落雁(ちんぎょらくがん)の使い方

ともこ
健太くん。みてみて。
健太
うわあ。ともこちゃん?見違えたね。沈魚落雁だ。お化粧したの?そのドレスも似合っているね。
ともこ
ありがとう。今日の劇でお姫様の役をやるのよ。
健太
なるほど。本物のお姫様みたいだよ。

沈魚落雁(ちんぎょらくがん)の例文

  1. 秋田には色白の沈魚落雁ばかりだという評判です。
  2. 今日のミスコンテストには、沈魚落雁がそろっていて、誰が優勝してもおかしくないです。
  3. ともこちゃんは沈魚落雁なので、その噂は都会まで届き、わざわざスカウトの人が来るほどです。
  4. 沈魚落雁のともこちゃんは、告白されるなんて日常茶飯事です。
  5. 彼女は、沈魚落雁、通学中に見初めた人も多く、山手線に咲く一輪の花と言われています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事