放虎帰山【ほうこきざん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
放虎帰山

【読み方】
ほうこきざん

【意味】
後で大きな災いになるものを残すこと。

【語源・由来】
「三国志」蜀志・劉巴伝・注より。蜀の劉璋が、張魯を討伐するために劉備が入国することを許可したときに、臣下の劉巴が虎を山に放つように危険なことだと反対した。劉巴の意見は聞き入れられず、のちに劉璋は劉備に倒されたという故事から。虎を山に放てば、いつか自分が襲われることになるという意味から。

【類義語】
・養虎遺患(ようこいかん)

【スポンサーリンク】

放虎帰山(ほうこきざん)の使い方

健太
今、深海のプラスチック汚染が問題になっているね。
ともこ
そうね。私たちが便利さを追い求めると、子々孫々に放虎帰山することになるわね。
健太
それじゃだめだと思って、今日はペットボトルをやめてマイボトルを持ってきたよ。
ともこ
偉いわね。自分にできることから始める姿勢が大事よね。

放虎帰山(ほうこきざん)の例文

  1. ゆとり教育は、未来に放虎帰山することになると考えられ、廃止されました。
  2. 戦争は、恨みや悲しみを生み、将来に放虎帰山することになるので当然避けるべきです。
  3. 復讐は、放虎帰山、さらなる復讐を生むだけです。
  4. 無理に事を押し通せば、軋轢を生み、放虎帰山することになります。
  5. 跡取りの長男より次男の方が優秀だなんて、放虎帰山することにならなければいいのですが。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事