百歩穿楊【ひゃっぽせんよう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】
百歩穿楊

「百歩楊を穿つ」とも読む。

【読み方】
ひゃっぽせんよう

【意味】
射撃の技術がすぐれていること。百歩離れた所から、ねらいを定めた細い楊の葉を射抜いて穴をあけること。

【語源・由来】
「穿」はうがつ、穴をあける。中国楚の弓の名手養由基が、百歩離れた所から柳の葉を百回射て、百回ともすべて命中させたという故事から。

【典拠・出典】
戦国策』「西周策」

【類義語】
百発百中(ひゃっぱつひゃくちゅう)


百歩穿楊(ひゃっぽせんよう)の使い方

健太
ともこちゃん。あそこにいるカモを撃つことができる?
ともこ
うーん。難しいかな。
健太
ともこちゃんは百歩穿楊、名人級の腕なんだから大丈夫だよ。
ともこ
がんばって狙ってみるわ。

百歩穿楊(ひゃっぽせんよう)の例文

  1. 百歩穿楊な健太くんは、お祭りの夜店の射的から出入り禁止を言い渡されています。
  2. ともこちゃんの射撃の腕前は百歩穿楊なので、オリンピック出場は間違いないでしょう。
  3. 健太くんは百歩穿楊、最強のスナイパーなので百メートル離れた所からでも命中させることができます。
  4. 百歩穿楊の健太くんだったら、百発百中は間違いないでしょうね。
  5. ともこちゃんは百歩穿楊だから、きっと逃亡したライオンに麻酔銃を撃つことができるでしょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索